もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

でる でる でるぞ」 その他の方の声

でる でる でるぞ 作:高谷 まちこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年06月29日
ISBN:9784333025411
評価スコア 4.32
評価ランキング 15,931
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 呑気さの味わい

    「だれがだれやらわかりません」の方の作品ですね!?
    と、『全ページ試し読み』で読ませていただきました

    おもしろい!
    とても、シンプルでわかりやすいです
    文字が少ないのに
    とってもわかりやすい
    昔話によくあるパターンですが
    落語を絵で楽しませてくれるような感じ

    おばけもおもしろいのですが
    「まっちゃんあそびにきたよ」の
    ねこちゃんたちがおかしくって
    かわいくって

    おじいさんとおばあさんの
    何事もなかったというか
    まったく気付かないのんきさも
    素敵です

    投稿日:2012/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛嬌のある妖怪たち

    あれ?このお話は・・・

    なるほど、「でるでるでるぞ ガマでるぞ」と
    同じ場所が舞台なのですね。

    この絵本も、愛嬌のある妖怪たちが沢山登場します。

    お話もコミカルで怖くないので、「怖いものが好きだけど、あまり怖いのはちょっと嫌だな・・・」
    という子にオススメです。

    投稿日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 屋敷の住むおばけは 生活用品から何から何まで みんなが おばけになるんです
    こんなおばけのオンパレードなら 怖くないし 楽しそう
    しかし 泥棒たちは おばけに びっくり
    なんでも すべてが おばけになるんだ ここの発想がおもしろい
    で ちっとも 怖くないんです

    おばけって こわ〜い そんなイメージ有るのですが・・・・
    しかし おばけの 弱点は おひさま       明るくなると
    「ざんねん むねん これにて」  おさらば また真夜中になったら元気にでできそ〜
    それにしても おばけの オンパレードは あっかんですね!
    おばけの絵を楽しめるのも いいですね

    夏の読み聞かせにはもってこいかな!

    投稿日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット