そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ?の試し読みができます!
文・絵: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
今ならサイン本買えます! 雨の季節じゃなくても楽しめることばあそびいっぱい!

だいふくもち」 じいじ・ばあばの声

だいふくもち 作・絵:田島 征三
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年
ISBN:9784834005240
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,298
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 忘れられない一冊

    こどものともの毎月の配本で、我が家にやってきた絵本でした。
    二人の子どもの毎晩の読書タイムにも、たびたび登場してボロボロになった本です。
    方言が、味わいがあって読むのが楽しかったです
    どんどん湧き出てくるだいふくもちが面白く、人間の愚かさをしみじみと感じる絵本でしたが、子供はただただ、面白かったみたいです。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲張りもほどほどに!

    あんまり欲張ると命まで、落とすことになるという警告の昔話かなあ・・・。やっぱり、「だいふくもち」の題名が気になりました。
    ごさくという男は、これといった仕事もせずに毎日毎日ぐうたら暮らしておった・・・・なんだかいつもの話と違うので、かえって興味が湧きました。お金持ちになると欲が出ると思うが、楽して「だいふくもち」ばかりに働かしたから当然の結果なのかも?と思うけれど、あまりにも結末が恐ろしいです。欲をかくのもほどほどにと、『警告』だと受け止めたいと思います。昔の商人の様子、街の様子がわかる絵がいいです。金蔵の中も初めて見させてもらったてよかったです。最後のページが強烈に恐ろしい絵も上手いと思いました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット