話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

せいそうせんのくりんまる」 みんなの声

せいそうせんのくりんまる 作:鎌田歩
出版社:福音館書店
税込価格:\429
発行日:2012年05月
評価スコア 4
評価ランキング 25,423
みんなの声 総数 7
「せいそうせんのくりんまる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • のろまなローラー

    のろまなローラーとよく似ているので、まぁ、そこそこかな、と。
    子供は乗り物好きだし、清掃船という船が登場する絵本は珍しいので喜んでいて、何度も読みました。
    私はローラー派ですが、息子は色んな船が登場するこちらの方が「読んで」と言う回数が多いです。

    投稿日:2015/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 清掃船の活躍

    • 押し寿司さん
    • 70代以上
    • じいじ・ばあば
    • 愛知県

    毎日海に浮かんだゴミを集めて港を綺麗にしている清掃船のくりんまるの存在をこの絵本で知りました。「グリリン、グリリン、グリリン」モーターをうならせながら、くりんまるは おなかの あかい スクリューをぐるぐる まわして ゴミを吸い込んでいきます。「嵐なんかに 負けないぞ。僕の仕事は 海を 綺麗にすることなんだ」と、くりんまるは 一生懸命 ごみを追いかけている姿が かっこいいと思いました。毎日お疲れ様です!

    投稿日:2020/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 清掃船という船を初めて知りました。
    こんな船が活躍してくれなければ、港はゴミだらけですね。
    そうして、他の船の運航の妨げになるっこともよくわかります。
    人にあまり知られることなく、人のために働いている、こんな船があることを知ることはとても大切です。
    親の方がびっくりする絵本です。

    投稿日:2019/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳11か月の乗物好きの息子に図書館で借りました。
    清掃船なんてあったんですね。
    息子は、まあまあ喜んで読んでいました。

    物語はくりんまるが主人公ですが、「のろまなローラー」と似ています。
    鎌田さんの絵の雰囲気は、新幹線本とは違ってちょっと擬人化されていますが、
    やはりいいです。

    投稿日:2014/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 清掃車

    海をキレイにする働くくるまのお話です。

    いろんな船がでてきて、どの船にも

    煙たがられていましたが、とっても重要は役割を

    もった船でした。

    どことなくこもりまことさんのかくお話に似ています。

    エンジンのかかる音などで一瞬そうかなとも感じます。

    それにしても海にはいっぱいゴミがあるんだなと

    感じました。

    話の内容はしっかりしていて子供にも

    いろんなことが伝わると思います。

    投稿日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • へぇ〜!海にもあるんだ〜!!

    これは、清掃車ならぬ、清掃船のお話です。
    スクリューを回して、海面に浮かぶゴミを掃除機のように吸い込んでいきます。
    へぇ〜!海にも、こんな船あるんだ〜!!と、ビックリしました。
    擬人化されているので、くりんまるの一生懸命さが伝わってきて、すごく親しみが沸きました。
    清掃船の実物、見てみたいです!

    投稿日:2013/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなふねがあるんだねえ

    大型フェリーにも、観光船にも、自衛隊の船にも乗ったことがありますし、
    漁船やタンカーなども港で目にしたことがあります。かなり船を知って
    いたつもりでいましたが「せいそうせん」などという種類の船があるなんて
    知りませんでした。
    まだまだ知らないことがたくさんあるなあ・・ということを
    「こどものとも」や「かがくのとも」を読む度に実感させられます。
    娘も、もちろんこの船を観たことがないので、港に行く機会がある
    時には注意深く海上を眺め、この愛らしい船をみつけることができたら
    いいなあと思います。どんな風にごみを吸い込んでいくのかも
    できれば観てみたいなあ。
    娘はこの船に乗りたいそうですが、「フェリーには乗ることはできても
    この船はお仕事するための船だから、残念だけど無理だよ」と教えました。

    投稿日:2012/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット