オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

落語絵本 15 みょうがやど自信を持っておすすめしたい みんなの声

落語絵本 15 みょうがやど 作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年06月04日
ISBN:9784861012075
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,060
みんなの声 総数 15
「落語絵本 15 みょうがやど」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みょうがを食べ過ぎるとものを忘れる

    「みょうがを食べ過ぎるとものを忘れる」と言われている事を初めて知りました。
    本の最初から最後までみょうがだらけです。
    みょうが料理の種類がすごい!!
    布団も枕もみょうが!臭くないのかな?

    悪だくみの夫婦が、お客さんにみょうがをたくさん食べさせて忘れ物を自分達のものにしようとする話です。

    最後のオチも面白かったです。

    子どもはみょうがを食べたことがなく、みょうがってなに?と聞かれました。

    投稿日:2019/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪巧み話ですが、どこか呑気

    どんなお話かと思ったら、夫婦の悪巧みから始まるなんて!
    落語はちょっとした意地悪をしかけて、
    それが笑いにつながるということがよくありますが、
    こちらもそういうお話でした(笑)

    江戸が舞台になっていますが、
    ちょっぴり現代のお品が混ざっていたりするので、
    大人は「これはアレンジされてるなー」と分かると思いますが、
    子供なら素直にテンポ良く進んでいく面白さが感じられると思います。

    オチもこのシリーズにしてはすっきり分かりやすくて、
    子供にも最後まで分かりやすく楽しめると思います。

    投稿日:2018/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • みょうが饅頭 ものわすれ

    「みょうがをたべすぎると、ものわすれをする」という迷信も知らなかった私ですが、私はみょうがを食べなくても、ものわすれをします(笑えないですね)みょうがづくしのお料理、みょうが風呂、布団などよく考えたなあと感心しました。裏表紙まで、「みょうが饅頭 ものわすれ」に、爆笑してしまった私でした。おちが最高に面白かったです!

    投稿日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • この夏、一番好きだった本。

    年間1000冊以上の絵本や本や漫画を読む小2の息子が、
    今年の夏、読書感想文に選んだ本です。
    理由は、最近読んだ本で一番おもしろかったから。
    だそうです。
    この落語絵本シリーズは全部読み、
    どれも好きなのですが、特に「みょうがやど」がお気に入り。
    落ちでもちゃんと笑えますし、
    みょうが尽くしの食事のシーンでも大笑い。
    みょうがアイスやみょうがクッキーなんて、
    現代版ともいえるみょうが料理も登場して、
    そこもやっぱり笑えます。

    実はこの本、5歳くらいのときに一度読んだのですが、
    そのときは全然喜ばなかった。
    適齢期というのがあるようです。

    投稿日:2017/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • みょうがづくし

    これからの季節、ミョウガが食べたくなりますもんねー。
    薬味にはサイコーですが
    この落語絵本では、薬味に使うミョウガだけでなく
    プリンや、果ては枕まで!!

    「みょうがを食べると物忘れする」という都市伝説から広がった
    悪徳宿屋夫婦のたくらみの顛末は
    ちょっと「やっばりねぇ」と思わせるものですが
    そこに至るまでの
    怒涛のみょうがづくしは、必見の価値ありで、捧腹絶倒です。

    我が家では、みょうがが好きなのは私だけです
    物忘れからくる様々な家族トラブルの発端は
    もしかしたらここにあるのかもしれません(^-^;

    投稿日:2017/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪い人はやっぱり最後には・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    川端さんの落語絵本大ファンの10歳の息子と読みました。

    みょうがを食べると物忘れがひどくなる。
    というのは、なんとなーく私も聞いたことがありましたが、
    その言葉の由来まで紹介されている親切丁寧で楽しい絵本。

    悪い宿屋の夫婦が、客にこれでもかというほどみょうがを食べさせて、
    最後に狙い通りに忘れたものがあったようですが、
    どんどんでてくるみょうが料理や、
    いかにも悪い感じの夫婦がとっても笑えます。
    よくここまでみょうがでお料理作れたな。

    でも最後はやっぱり正義が勝つというか、
    悪い人にはいいことはないもんですね。
    というエンドも気にいっています。

    話の行方が気になったのか、側にいた5歳の娘もお話を聞きに来て、
    3人で一緒に楽しめた絵本でした。

    投稿日:2016/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • みょうがだらけ

    このお話は、みょうがを食べると物忘れがひどくなるという迷信を信じた旅館の夫婦がお客さんにみょうがをたくさん食べさせて忘れていったものを盗もうとするお話でした。でも、この宿に来たお客は宿代を払うのを忘れて行っただけだったのですが、うちのおはこのオチがおおはまりで「この夫婦悪いこと考えてたから罰が当たった!」と言って笑ってみていました。

    投稿日:2016/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • みょうがを好きな子どもはあまりいないような気がするので、このお話は読み聞かせに選ぶのは冒険かもしれません。
    とあれ、私的には庭にみょうがを育てているほどのみょうが好きなので、このお話にでてくる、みょうが料理、身の回りのみょうがアラカルトには感動してしまいました。
    あれこれドタバタしたすえの、シンプルなオチは、かえって効果的におもいました。
    まずは、みょうがの事を説明してからの読み聞かせにしましょう。

    投稿日:2015/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    落語シリーズは、おもしろい本を読みたい時によく手にしますが、この本もおもしろい!みょうがは、こどもにはあまりなじみのない食べ物だと思いますが、これでもか!っていう程、みょうが・みょうが・みょうか…のオンパレード、みょうがづくしに笑ってしまいます。見過ぎて食傷気味になりそうだけど、なんだか食べてみたくなったりして!?でも、物忘れには、ご注意!?

    投稿日:2015/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今風にアレンジされた食事の品目が…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    落語にもある昔話の1つです。
    この作品を読むより先に昔話で聞いたことがあったのですが、昔話だと、宿のおかみさんは少々がめついけれど、憎めないお茶目な感じのある人なのに、
    この作品のおかみさんは、時代劇に登場するようないじわるおばさんに描かれていたので、イメージしていたのと違ってびっくりしました。

    冥加宿で出された食事も、今の子たちへの受けを狙ってなのか、原作の昔話からは考えられないものすごく今どきのものがたくさん書かれていました。
    それはそれで面白いけど、その品目のせいでお話自体が長くなっているのはちょっとどうかな〜と、思いました。
    最後のオチはとっても笑えるので、機会があれば小学校の高学年くらいのお子さんたちに読み聞かせで紹介したいです。

    投稿日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット