新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

おにぎりがしま自信を持っておすすめしたい みんなの声

おにぎりがしま 作:やぎ たみこ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2012年06月25日
ISBN:9784893095404
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,863
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ほかほかごちそうおにぎり!

    みなしごのこたろうがある日出会ったおにぎりおに。
    その小さな体からは想像できないほどのパワフルさで、たんぼを作り、「オニピカリ」というお米を育ててごはんを炊いて、あっという間におにぎりを作り上げます。
    その後も仲間が増え、無人島はいつの間にかにぎやかな「おにぎりがしま」になっていました。

    おにぎりおにの可愛さとその活躍ぶりもさることながら、はじめはひとりぼっちで寂しそうだったこたろうがどんどん笑顔になっていく様が読んでいて嬉しくなりました。
    おにぎりがしまに新しく住み着いた住人達も、様々な顔ぶれで豪華です。
    でもなんといっても楽しかったのは、おにぎりおに達が作り上げたいろんな種類のおにぎりです。
    おにぎりって、中に詰める具を変えるだけで立派なごちそうですもんね。
    子供達のお気に入りのおにぎりが、見つかること間違いなしです。

    投稿日:2012/07/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美味しそう〜!!!

    ひとりぼっちの小さなおにがお米を作り美味しいおにぎりを作ることによって、おにはひとりぼっちではなくなります。
    その表情がいいですね〜読み手も嬉しくなります。
    そして、おにぎりが実に美味しそう!!!
    この絵本を読んだ後は、おにぎりが食べたくなってしまうのでは!?
    親子でおにぎりを作ってみるのもまた楽しそうですね。

    投稿日:2020/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こたろう幸せになってよかったです

    可愛い表紙に魅かれて図書館から借りてきました。

    みなしごのひとりぼっちだったこたろうが、おにぎりから出てきた

    ちいさなおにと流れ着いたひとりっこいない島で、米を育ておにぎ

    りを作り、おにぎりちゃやを建てて、いくら食べてもお代はいりませ

    ん。島は、毎日大賑わい!こたろうは、おとひめさまを妻にめとり

    おにぎりおにと島のみんなといつまでもいつまでも幸せに暮らし

    たお話に満足な私でした。

    投稿日:2019/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼とおにぎりのコラボ

    なるほど、おにぎりと鬼を掛けてあるのですね。
    昔話風のオープニングだけに、説得力があります。(笑)
    孤児のこたろうが見つけたのは、小舟に乗ったおにぎり。
    こたろうが近づくと、小さな雷が落ちて、おにぎりから小さな鬼が誕生という訳です。
    しかも、小舟が動き出し、孤島へ。
    ここからの展開がすごいです。
    このおにぎり鬼が、瞬く間に米を育て、収穫し、炊いて、おにぎりを作るのですから。
    まさに、昔話クオリティ。
    さらには、仲間も増えて、おにぎりのバリエーションも増えるという大展開。
    海坊主、カッパ、人魚、天狗、山姥、などなど。
    それぞれの特徴を生かした働きに敬服です。
    ちょっとした食育絵本にもなりそうです。
    幼稚園児くらいから、楽しめそうです。

    投稿日:2019/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにぎりから鬼がいっぱい

    ワールドですね〜〜〜、たみこさん
    いくとこまでいっちゃってますね、このかたは。
    もう突き進んでほしい!と思います
    おにがしま→おにぎりがしま
    ですよ
    タイトルからして笑えます
    おにぎりからでてきちゃいましたよ、鬼が
    それも一人じゃなく、うじゃうじゃ!
    とにかく見てみてください

    投稿日:2015/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかくなる絵本です。

    この絵本は、昔話のような感覚で、読んだ後に
    心がとてもあたたかくなる絵本でした。
    おにぎりおにがとってもかわいい♪
    そして、あたたかくひろがっていく、おにぎりの輪。
    おにぎりがしまが、どんどんにぎやかになっていく様子が
    とても楽しく、嬉しかったです!!
    優しい絵にも癒されました。

    投稿日:2014/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにぎりから生まれたおにぎりおに。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    おにぎりから生まれた可愛いおにのおはなし。

    むかしむかし、ひとりぼっちのこたろうが、おなかをすかして歩いていると、
    小舟に乗ったひとつのおにぎりをみつけます。

    近づくと、なんと、おにぎりからちいさなおにが生まれたのです。
    おにぎりおにと一緒にたどり着いた無人島。
    そこで、おにぎりおにが、猛烈に働き始めるのでした。

    おにぎりおにの並外れたパワーで、水田を作り、稲を育てて、米をとり、
    あっという間におにぎりを作ったのです。
    そのすご技に呆然としてしまいました。
    お話の流れが、見開きに右から左へとわかりやすく描かれてるので、
    すごくスピーディに感じました。

    そして、そのおにぎりから、またおにぎりおにが生まれて・・・

    これまた、可愛いおにたちの誕生です。
    同じ顔と同じ体つきをしているけど、色が違うのね。

    次から次へと話の展開が大きくなっていって、ぜんぜん飽きません。
    続きがどうなるのだろうと気になって、最後まで楽しむことができました。

    さて、おにぎりおにたちが作ったおにぎりのバリエーションはとても豊富です。
    美味しそうなおにぎりもあれば、
    中には、「え〜!!」と思うようなおにぎりもあります。
    たとえば、「お(尾)にぎり」「うにぎり」(とげがいっぱい)「ひとでおにぎり」など。
    味はどうなんでしょう?
    見た目は楽しいですが、実際食べてみたいのは、そんなにないかも。

    子供たちの反応が見てみたい絵本ですね。

    投稿日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにぎりおにカワイイ!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子5歳

    小舟に乗ったおにぎりを見つけたこたろう。
    こたろうが近づくと、光ったおにぎりから出てきたのは、小さなオニ。その名もおにぎりおに。
    こたろうとおにぎりおには、無人島へ流れ着いてしまうのですが、おにぎりおには小さな体からは想像もできないようなパワーと技術で、見事な稲を育て、ご飯を炊き、美味しいおにぎりを作りました。
    そしてそのおにぎりから、またおにぎりおにが生まれて…。
    どんどんお話が展開していくので、続きが気になって気になって目が離せません。いい香りが漂ってきそうなほかほかおにぎりと、色とりどりの具材と、めまぐるしく動くカワイイおにぎりおにたち。親子で夢中になってしまいました。
    そして、ただおにぎりを作るだけでなく、そのおにぎりが色んな仲間を呼び、無人島だった島がだんだん賑わっていく様子が、夢や希望を与えてくれます。
    ラストのオチ(?)だけはちょっと意味が分からなかったけど(苦笑)それを差し引いても、楽しい絵本だと思います。
    幅広い年齢で楽しめるはずです。

    投稿日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • バリエーション豊かなおにぎり!

    3歳の次女が、やぎたみこさんの絵本の大ファンです。
    やっとめぐり合えて、図書館から借りてきました。
    8歳の長女も一緒に読みました。

    とにかくバリエーション豊かすぎるおにぎりがおもしろい!!
    “かいのめおにぎり”や“うにぎり”、そして
    魚の尾がいっぱい入っている“尾にぎり”など!
    みんなで「ぎょえ〜っ!これは食べたくな〜い!」だとか、
    「変なおにぎり〜!!」だとか、とにかく盛り上がりました(笑)。
    ひとでおにぎりとか、身震いするようなのもありましたが、
    気持ち悪いというよりも、ありえなさ過ぎて笑っちゃいました。
    3歳の次女のお気に入りは“しんじゅおにぎり”。
    8歳の長女のお気に入りは“はちまきおにぎり”(^^)♪
    私は梅いっぱいのうめぼしおにぎりが食べてみたい♪

    お話は、桃太郎や浦島太郎を彷彿とさせますが、
    全体的にやはりやぎたみこワールドで面白かったです。
    夫は、伝説上の生物がたくさん出演(?)している所が面白いと言っていました。

    昔話調できたところに、最後に“てんぐの配達”。
    現代を交えつつ終わるところがニクいですねっ(^^)v♪

    投稿日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代版の昔話ですかね
    やぎたみこさんの発想がおもしろいです
    かみなりがなり かわいい おにぎりおにが 赤ちゃんとおもったら
    なんとスーパーマンのようなおにぎりおになんです

    鳥が運んできたつぶで 稲穂が   そして おいしそうなおにぎりが
     
    今ちょうど 稲が黄金に色づいて 田んぼは稲刈りの季節
    ピッタリの絵本です
    何より お米 おにぎりをこよなく愛している やぎたみこさん

    アイデアおにぎりもすごい!
    海の幸が満載 まがりきゅうりおにぎりは笑えます
    ウニおにぎりはとげが痛そう でも ウニは高級ですね!

    オチは 現代風天狗の宅配とは 現代は何でも宅配されますから
    この発想はありですね

    米  日本人の大切な食べ物を 後世にしっかり引き継ぎたいですね!
    新米のおにぎりが食べたくなりました

    投稿日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット