ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ふたごのしろくま くるくるぱっちんのまき」 ママの声

ふたごのしろくま くるくるぱっちんのまき 作:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2012年06月28日
ISBN:9784061325135
評価スコア 4.2
評価ランキング 22,199
みんなの声 総数 9
「ふたごのしろくま くるくるぱっちんのまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいしろくま

    絵がとってもかわいいんです。
    しろくまの双子
    ママがエサをつかまえようとしているのに
    どこかへ
    そしてエサになるあざらしと遊んでいます。
    くるくるぱっちん!

    ママが
    よくわからないわ
    というセリフがおかしくて。
    私もついつい息子に言ってしまう言葉でした!

    投稿日:2014/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 笑っちゃうよね!

    このタイトルのくるくるぱっちんがとっても効いています。

    もう、そのくるくるぱっちんのシーンは笑わずにはいられません。

    何回やるの?えっ?抵抗しないの?やられっぱなし?

    みたいに、読んでてとっても突っ込みたくなりました。

    でもそのくるくるぱっちんのおかげで助かるんですが・・・。

    くるくるぱっちんって何のこと?と気になるなら

    ぜひ読んでください。

    突っ込みたくなるシーンがいっぱいですよ。

    投稿日:2013/02/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 感動!!!!!!

    このお話は読み聞かせは二歳ごろ、一人読みは5歳ごろって書いてあったのですが、うちの子はこの絵本をいきなり手に取って、一人で一生懸命読み始めました!!!本当にびっくりしました。たまたまちょうどいい感じの絵本だったのですが、うちの子にはちょうど良かったみたいです。自分で読めたのが自信になっていて、この絵本一番好きなんだそうです。

    投稿日:2012/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • アザラシのひげで遊ぶ!?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    愛らしい双子のしろくまのおはなし。
    かあさんに遊びをねだりますが、今日のかあさんは獲物の捕獲で忙しいのです。
    仕方なく二匹で遊び始めたのですが、偶然見かけたのがアザラシ。
    寝ていたのを幸いに、なんと、ひげを引っ張って遊びだす、という訳です。
    それが、まさに、かあさんがねらっていた獲物だったにもかかわらず・・・。
    子どもらしい行動にほっこりです。
    ラストは絶妙なオチですね。
    擬音が楽しいので、小さいお子さんからも楽しめると思います。
    親子でぜひ楽しんでほしいです。

    投稿日:2012/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 実践は失敗

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    ふたごのしろくまちゃんがとってもかわいらしい絵本です。
    6歳の娘にはちょっと物足りないかなぁと思ったのですが、とても楽しんでいました。

    タイトルの『くるくるぱっちん』。
    何のことだろう??と思ったら、あざらしのおひげをのばしてパチンとすることだったのですね。
    パチンとされて驚いているあざらしさんには申し訳ないのですが、ここが一番娘のツボでした。笑

    読み終わった後、見てみると我が家の犬のしっぽが丸まっていました。
    娘とそーっと近づいてくるくるぱっちんしようかと思ったら・・・残念。
    パッチン前に逃げられてしまいました。

    投稿日:2012/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • あざらしのヒゲでくるくるぱっちん!

    あざらしをつかまえて食べようとしている母熊をおいておいて、双子の白熊はあざらしを発見し、ひげを引っ張ってはくるくるぱっちんして遊んでいます。

    なかなかほっこりした可愛い絵本だと思います。ただ疑問なのは、白熊って本当にあざらしをつかまえるんでしょうか?食べるなら食べられそうですが、食べるのかな、、、、?魚を食べるのかと思っていました。

    そこらへんの解説がついているとよりすばらしいかもしれません。

    投稿日:2012/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み聞かせは2歳から

    裏表紙に
    読み聞かせ2歳ごろから
    一人読み5歳ごろから
    とありますが、本当にそのとおりだな、と思いました。

    くるくるぱっちん と喜んでいる双子の熊たちがとてもかわいいです。
    子どもたちはあざらしを捕まえようとしている所が少々怖かった様子ですが、結局捕まらず、ほっとしたと言っていました。

    投稿日:2018/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本
  • た

     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    たがやす、たねまく、たちまちめがでた!「た」で始まる言葉だけで描く田んぼのこと、命のこと。


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット