新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

ふゆのまほうつかいなかなかよいと思う みんなの声

ふゆのまほうつかい 作・絵:ジュリー・モンクス
訳:代田亜香子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2005年11月
ISBN:9784338126366
評価スコア 4.13
評価ランキング 24,504
みんなの声 総数 15
「ふゆのまほうつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雪の魔法

    雪の世界は、魔法をかけたように別世界です。
    今まで見えなかったものが、幻想的に浮かび上がってきます。
    そんな世界を子どもの目線で詩情豊かに描いた絵本です。
    たまに見る雪だから良いのかも知れませんね。
    ゆったりとした気持ちになれる絵本です。

    投稿日:2021/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪という魔法

    タイトルからファンタジーを想像していたのですが、真っ白な雪のことを魔法だと表現しているのですね。
    正直、その点はやや期待外れではありましたが、
    優しい色で描かれた冬景色はとても綺麗で、
    子供たちの楽しそうな声が聞こえてきそうな絵でした。

    投稿日:2021/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供たちこそ魔法使い

    かわいい絵本でした。
    雪景色の場面でも、なんだか温かみを感じましたね。
    子供たちの弾むような息づかいが、あったからかもしれません。
    子供たちの創造力こそ、「まほうつかい」なのだと思いました。

    文章のところどころで色の変化がありましたが、何かの意味があったのでしょうか?

    投稿日:2014/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • まほう

    “なにもかも まほうが かかったみたい”

    なるほどなぁ・・・と思いました。
    確かに積雪って、景色を一変させます。そして、綺麗。
    “まほう”という表現がぴったり。

    雪ってどんな音?どんな風に見える?
    雪を満喫するこども達。
    静かで、優しくて、冬の日のおやすみ前にぴったりの一冊です。

    投稿日:2013/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本人の絵本作家さんにいそうな絵。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    2004年にイギリスの最高峰の絵本賞を受賞した作家だそうです。
    どちらかというと、日本の絵本作家さんがよく描きそうなタイプの絵の質だなと、思いました。

    特に子どもたちの顔!
    漫画家の川原泉さんが描く絵がをと似ているところがあって、そこに思わず「へへっ…」ッと笑ってしまいました。
    全体的には素朴で穏やかな優しい絵本です。
    雪の日などに暖かい部屋でゆっくりお子さんに読んであげてはいかがでしょうか?
    5,6歳から小学校中学年くらいのお子さんに。

    投稿日:2011/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい表紙

    • なびころさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳0ヶ月

    意外性を持った表紙が素敵だったのでこの絵本を選びました。雪のふわふわした質感と白クマのふさふさした毛並みの質感をとても上手に生かしている所が素敵だなと思いました。文章の文字の色が所々変わっているのが雪の解けた様子や神秘的な雰囲気を表現していてとても魅せられました。じっくりと細部を眺めたくなる絵も気に入りました。冬が待ち遠しくなる絵本です。

    投稿日:2009/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい冬の情景

    • さやかさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    雪の多い町で育ちました。

    そのせいかこの絵本を読んでいると、「雪が降る様子」が懐かしく

    思い出されました。

    「ゆきがなる」という表現がまさにそのとおりだなと思いました。

    投稿日:2008/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 足跡つけたいな〜

    ほとんどのページが、白を背景に鉛筆の輪郭だけで描かれる部分と
    くすんだ中間色で描かれていて、冬の透明感とうれしさをうまく表現してますね!
    グレーの文字を先頭に置く言葉の配列や、タイトルの色使いも
    雪遊びへの期待感を感じさせます。文章もとても単純ですがどの場面も
    冬の絵本ならでわの雰囲気もいっぱいで、雪に対する憧れがいっぱいの我が家の子どもたちの
    冬の絵本お気に入りの1冊になったようです。

    モノトーンの犬と色ページの小鳥の足跡がすごく気に入ったようで
    「かわいい!小鳥の足跡も付くんだね!雪に足跡つけられたらどんなに良いことだろう!」
    と言って絵本を何度も眺めてはかわいい足跡ににんまり♪
    色遣いと主人公達ののびのびとした様子が素直に描かれているので
    登場する動物たちの息づかいが伝わってきそう!
    ますます雪に会いたい!そう思う絵本です。

    投稿日:2007/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色彩がすごく素敵な絵本

    窓の外は真っ白な雪。
    まるで全てが魔法にかかったような・・・

    色鉛筆つかいのような淡い色彩が雪の世界をとっても素敵にあらわしています。
    そして言葉も少なめで、その言葉と言葉の行間がなんともふわあとした雰囲気をかもし出しています。
    だからか読んでいてほんわかしちゃう絵本でした

    投稿日:2007/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい冬の過ごし方

    一晩で景色を一変させる「雪」こそ、冬の魔法使いです。この絵本は色数が少ないのですが、雪景色の透明感や空気の冷たさなどが伝わってくるようです。大人は寒い外をいやがりますが、なぜ子供は雪遊びが好きなのでしょうか。雪は子供にとって最高のおもちゃだからなのでしょうね。子供のようにイマジネーションをふくらませて雪景色をながめたら、つらい冬も楽しく過ごせるかもしれないです。

    投稿日:2007/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • アイスゆうえんち
    アイスゆうえんちの試し読みができます!
    アイスゆうえんち
     出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    ”つめたいおきゃくさま”しか入れない”アイスゆうえんち”。どんな楽しいことが待っているかな?


ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット