新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

シュクラーン ぼくの友だち」 ママの声

シュクラーン ぼくの友だち 作:ドリット・オルガッド
絵:丹地陽子
訳:樋口範子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
ISBN:9784790231622
評価スコア 3.67
評価ランキング 42,201
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図書館で、題名を見て思わず手に取りました。「シュクラーン」は、アラビア語で「ありがとう」の意味で、アラブ圏に住んだことのある私には、とても懐かしい言葉だったからです。

    イスラエルの移民事情に関してはあまりよく知らなかったのですが、イスラエルも旅したことがあり、そしてアラブ圏に住んでいたことのある私には、この話の中のハミッドとガブリエルの関係が大変稀有なことであるのを実感として知っていたので、創作であっても、これが現実であったならどんなにすばらしいのだろうと思ってやみませんでした。

    私の個人的な感想では、この本の中で一番大事なことは、テロリストの家族がテロリストとは限らないということだと思います。この話の中のハミッドやハミッドの父が言うように、テロがどれだけ間違ったことなのか、どれだけ罪もない人々の命を奪うものなのかと心を痛めている、そして怒りを覚えているのか、そこを正しく見つめないといけないと思いました。

    ハミッドのような子たちが夢をかなえられるような世の中になって欲しいと願ってやみません。

    投稿日:2016/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 貴重な一冊だと思います。
    内容は重いけど、世界情勢をかんがみると
    ぜひ読んだほうがいい一冊だと思います。
    丹地さんの絵もすてきでした。
    日本に住んでいるとあまり意識することができない
    民族の問題や、宗教の問題を考えさせれました。
    これからの子供たちには、もしかしたら
    ものすごく身近なことになるかもしれない…と思いつつ。

    投稿日:2015/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット