虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

せいめいのれきし」 みんなの声

せいめいのれきし 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1964年12月
ISBN:9784001105513
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,530
みんなの声 総数 27
「せいめいのれきし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 小学校低学年にはちょっと難しいかも?

    • ポコポコさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子8歳、女の子4歳

    宇宙や星が大好きで、図鑑や本を何冊も持っている息子が6歳の時、
    あるブックカフェでこの本を見つけ、欲しいと言って購入しました。

    内容がとても濃く、大変勉強になる本です。

    大人が読んでもいいと思います。

    ページ数が結構あり、文章も長いので、当時1年生だった子供は、はりきって読み始めたのですが少し経つと読むのを諦めていたようでした。
    最後まではまだ読めていないと思います。

    例えば、「液状」、「海床」、「星雲」などなど、低学年にはちょっと理解の難しい言葉も。
    ただ、漢字にはちゃんとふりがながふってあるので、年齢に沿って、少しずつ読んでいけばいいかな、と思っています。

    挿絵もきれいなので、ずっと持っていたい本です。

    投稿日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっとそばに置いておきたい本

    最近、地球や恐竜に興味がでてきた娘。
    恐竜好きのお友達に触発されて、恐竜はどうして死んじゃったのかな?
    地球は昔からずっとあったのかな?恐竜は最初からいた?
    などなどその方面にうとい私が答えに窮することが多くなってきたのをきっかけに、図鑑などを一緒にみる機会が増えました。

    が、せっかく興味を持ってくれたのだもの、とっつきにくい図鑑よりもっと楽しく物語のようによめる本はないかな〜と思っていたところまさにイメージどおりのこの本に出会いました。

    やさしい言葉語られていて、地球とそこに誕生した生き物たちの進化がわかりやすくえがかれています。

    とはいえ、小学一年生の娘にはまだまだ難しい部分が多いようなので
    私なりに言葉をそえながら、二人で絵をながめていろいろ話をしながら寝る前に2〜3ページずつをよみすすめているところです。

    今は親子で読んでいますが、もう少ししたら子供一人でよめるようになるでしょう。
    学年があがり知識がふえたころに改めてよんだとき、きっと新たな発見があるでしょう。

    そしてせいめいのれきしの続きに、自分たちが生きているということに
    なにかを感じることがあるかもしれません。

    そんな風にずっとそばに置いて、くりかえし読んでほしいなと思う一冊です。

    投稿日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人も楽しめる!

     この本、タイトルから予想できますが、長いし難しい!対象年齢は小学生位でしょうが・・・最近、昔の生き物に興味をもっている三歳の息子に思い切って読んでみました。親の心配はよそに、息子はこの本が気に入って毎日のように読んでます。
    読み聞かせは大変な位長い絵本ですが、大人も勉強になって、読んでいて楽しい絵本です。

    投稿日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • まじめな絵本

    4歳の息子が図書館ですっかり気に入り、まだ難しいと言っても聞かないので、借りて帰って読みました。

    本当に難しい言葉もたくさん出てくるし、息子は半分も理解していないと思うのですが、宇宙と地球、絶滅した動物、恐竜、火山・・・息子の惹かれるものがたくさん登場するからか、飽きずに何度も聞いていました。

    結構長いですし、読む方も興味がないと辛いですが、大きくなってからもまじめに楽しめる(?)絵本だと思います。

    投稿日:2012/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女性向けかな

    絵がとても優しい感じでした。
    科学的な本かと思ったのですが
    物語のような言葉で進んでいきます。
    ひとつひとつの生命が生まれていくことを
    舞台として見立て、
    年月が進んでいきます。
    そして終わることなく、
    今私達が生きていること、
    これも、生命が続いているということ、
    これからの舞台は、あなたが作るんですよ、といい、
    受け身ではなく、自分自身で意識して生きる、という
    メッセージがあるように思いました。

    科学が苦手な女性向けかなと思います。
    物語を読むように進んでいきます。
    とても綺麗なようにまとまっているので
    もう少し生臭い部分があってもいいかなと思いました。
    命のエネルギーを感じることが出来るように。。

    投稿日:2011/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちきゅうがわかかったころわね〜!

    • はるはるこさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子5歳、女の子2歳、女の子0歳

    この本は、地球がうまれてから現在までのおはなし!
    とっても壮大で、絵本のようで図鑑でもあり、科学でもあり、大切なものは何かと考えさせられたりと、深すぎる本です。

    こんな難しい本を読んでも、何もわからないかな〜とも思いましたが、大好きな恐竜がのってるのでまぁいいかと買いました。

    息子はなぜか気に入りました。
    「ちきゅうがわかかったころはね〜」口ぐせになり、まわりのお友達はポカンとしていました。

    最近は読んでいませんが、大きくなってからもまた読める本だと思います(^^)v

    投稿日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み応えあり

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    大人が夢中になって読んでしまう絵本ですね!
    地球上に生命が生まれた時から、今現在生きている私たちの時代・・・
    そして未来へとつながっていきます
    でも開いてびっくり!!
    絵本はまるで劇場のごとく、プロローグから始まるという設定です
    そう・・プロローグなのでお話は銀河系が出来るころからのお話です
    今ではビックバンという約137億年のとてつもない昔から、今日1日、そして明日へ・・・
    本格的なので小学校低学年ぐらいなら、興味を持って読めるかと思います
    個人的に「うみさそり」の出現には非常に興味を持ちました
    地球上には本当に色んな生物が、生きてきたんですね・・・
    それだけでも地球に対する畏敬の念が持てて、もっと大事にしようと思うんじゃないかしら・・・

    投稿日:2010/09/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今生きている人間は、どうして生まれて、これからどうなるのでしょう
    宇宙の 太陽系の中の一つの地球、この本を読んで改めて学びました!

    今生きている私たち人間の前にいた生物や植物、人間が、作ってきた歴史、そしてこれからも歴史は作られます。

    先日 屋久島の山に登り、沢登りをしてきました
    屋久島は、小さな島ですが、1936mの宮之浦岳をはじめ、黒味岳、1831mなど 高い山々がたくさんあり 縄文杉は 世界遺産に指定されました。
    今回、黒味岳に登りました、高い山がたくさんあるので雨がよく降り、大きな杉はこけむしていました、感動です、屋久ざるや 鹿にも出会いました。
    今回の旅で 地球の歴史、地形の不思議、 ありがたさを感じました

    この絵本を読んで、すごい歴史の中で生まれたのが改めてわかります

    今 温暖化で、暑い毎日を過ごしている、日本ですが、世界では大洪水や台風の被害でたくさんの人が、無くなっています。
    歴史を生き抜いた、生物も又、 自然の中で生き延びる知恵を持っていたのでしょう。
    今 人間の 他の生物、 植物も 地球の中でどう生き延びるか、模索しつつ・・・・
    今後の地球はどうなっていくのでしょう?
    少なくとも 今を生きる私たち人間は、自然に感謝して、生きていかなければと感じました。
    バージニア・リー・バートン氏のせいめいのれきしの裏表紙の太陽の笑顔が、ステキです!

    投稿日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • バートンならではの絵本です

    『ちいさいおうち』はおうちの歴史でしたが、それが地球の歴史ともなると簡単なことではありません。
    しかし、この絵本はバートンならではの絵本だと思いました。
    社会や物事の移り変わりをとても判り易く表現するのが得意な作家です。
    視覚的に表現してくれるので、長いお話でも途中で飽きることがないのです。
    また『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』のようなお話も、スピード感とリズム感のある絵とお話に焦点をあてた描き方が魅力的。
    この『せいめいのれきし』はバートンの持ち味で、地球ができるところから現代までを見事に描いています。
    現代に近くなると、一年間の出来事、一日の中の変化と、バートンさんのこだわりが盛り込まれていました。
    博物館の中を歩いているようにも思えましたが、館内を歩きまわるような感じではなく、劇場の観客席で見ているような構成。
    歴史や、身近な季節、時間に興味を持たせるために最適な絵本です。

    投稿日:2010/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • せいめいのれきし

    小学校1年生になったばかりの男の子に読み聞かせをしました。

    興味のある分類の話で、一生懸命聞いていましたが、途中で疲れてきていたので、パラパラと私の説明を交えながら教科書のように最後までの概要を説明しました。

    やはり少し難しい内容と(火成岩や無脊椎動物など沢山ありました…1分間に1760キロの速さで地球は太陽の周りをまわるなど、説明しにくかったです)、文字も小さく振り仮名はありますが、
    初回なので一気に読んだせいもあり(私が夢中だった…)もう少し時間のある時に丁寧に少しずつ読み聞かせをすればよかったと反省しています。
    しかし、地球が昔むかし、若かったころ何も住んでいなかったという事実に衝撃していましたよ。人間になるまでの話、地球も生きていると今まで知らなかったであろう事実を知ってほしかったので満足です。
    そして最初の生命の誕生の話。0が1になったのはなぜか、興味を抱いたようでした。
    もう少し高学年になるまで読み聞かせ、本人自身が読める年齢に成るのも楽しみ。大切にしていきたいと思います。

    投稿日:2010/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / きょうはなんのひ? / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット