くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

クリスマスにくつしたをさげるわけ」 その他の方の声

クリスマスにくつしたをさげるわけ 作:間所 ひさこ
絵:ふりやかよこ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784774605012
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,507
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もうすぐクリスマスです。
    クリスマスは子どもたちが心待ちにしているものですね

    「サンタクロース」は、こどもたちを まもってくれる、かみさまの
    おつかいだと いわれています

    このお話は 聖ニコライがどうして このように サンタクロースのモデルとなったか 神のお導きに従って ニコライは自分の財産を 皆に分けて みんなが幸せになることを願って 困っている人に 金貨を届けました。
    ある晩 靴下の中に その金貨が入って 娘たちとお父さんは大変感謝しました
    誰が 金貨を下さるのか知りたくて・・・・
    ニコライだったのです

    クリスマスに くつしたを さげるわけが  このお話でよく分かりました

    クリスマスの絵本も様々あるが こういう 絵本もいいな〜と思いました

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマス

    クリスマスが近づくと、あちこちでにぎやかな飾りを目にしたり、クリスマスソングが聞こえてきますよね。

    でも、クリスマスの本当の意味を知っている人はどれぐらいいるのでしょう。現にわたしもこの絵本に出会うまでなんとなく・・な感じでした。
    でも、この絵本を読んで「あぁ、なるほどね!」と思いました。

    幼稚園で読み聞かせをしたら年長さんはしっかりと理解できていたようでした。

    子供に聞かれたらきちんと答えられるように、大人の方にもぜひ一度読んでもらいたい絵本です。

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供達に読みました。残念ながら、くつしたをさげないみたいです。どこのおうちでも今はそのような事をしないのでしょうか?枕元にプレゼントを置くだけなのでしょうか?? 「くつしたにお菓子が入って、スーパーに売ってるの見たこと無い?」って聞いたら、「あの長靴のこと?」と言われ、やっと話が通じました。良いお話しなのに、がっかりです。でもこれからもこのような『いわれの本』を聞かせたいと思います。

    掲載日:2007/12/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット