話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

みつばち マーヤ」 じいじ・ばあばの声

みつばち マーヤ 原作:ボンゼルス
絵:熊田 千佳慕
文:正岡 慧子
出版社:世界文化社
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年12月15日
ISBN:9784418118182
評価スコア 4.29
評価ランキング 17,512
みんなの声 総数 6
「みつばち マーヤ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マーヤ捕まらないでね

    今日は、みつばちマーヤが初めて飛ぶ日です。赤いリボンを頭につけたマーヤが可愛く描けてます。カッサンドラおばさんに新しい女王が誕生して、仲間割れをした蜂たちが出て行くところだと説明され、マーヤに仕事のことや、すずめばちに気をつけることやおしりの針を使うのは命を守る時だけだと教えられました。飛べる喜びを感じながら外では、危険なことがいっぱいなんだと体験しながら生きることは大変なんだと思いました。マーヤの勇気・仲間を大切に思う気持ちが、マーヤの国を救ったお話でした。冒険をいっぱいして楽しんでもらいたいですが、「マーヤ捕まらないでね」と、思う私でした。昆虫の世界の絵がリアルに描かれていて素晴らしかったです。

    投稿日:2018/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昆虫の世界

    物心ついた時から知っていた、みつばちマーヤのお話が
    美しい絵本になっているのに、ちょっと驚いてしまいました。
    原作は1912ねんにドイツで発表されているようです。
    あまりにもなじみがありすぎて、内容がうろ覚えだったお話ですが、
    お試し読みがあったので読んでみました。
    絵本は、虫の視点なので、花や葉など自然の様子は大きくて
    きれいです。
    初めて、飛び立ったマーヤが見た自然界の厳しい様子や、
    マーヤ自身も危険にあう様子が描かれています。
    初めて出会う位のちいさな人には、わかりやすい絵本だと思いました。

    投稿日:2017/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット