季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

むくどりのゆめ」 みんなの声

むくどりのゆめ 作:浜田 広介
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2005年10月
ISBN:9784323038858
評価スコア 4
評価ランキング 26,489
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • むくどりのこの成長

    いもとようこさんの優しいイラストに惹かれて、手に取りました。
    帰ることのないお母さんを待つむくどりの子。
    お母さんは遠いところに出かけていったと話すおとうさん。
    言葉は少ないけれど、しっかりと子供を守るおとうさんの愛が感じられます。
    少し切ないお話ですが、むくどりのこの成長を感じ、ジーンとしました。

    投稿日:2020/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父子愛

    小学校2年の娘は今
    学校で「泣いた赤鬼」を学習中です。
    作者の浜田広介さんの他の作品を読みたくて手に取りました。

    このおはなしは父子物で
    母さん鳥はもう死んでしまっているようです。
    冬が近づき、今にも散ってしまいそうなたった一枚の葉っぱの音を
    母さん鳥の羽音と夢想し、だいじにしている子供の鳥の姿はいじらしいです。
    母子物で、母の愛を感じる物語が、
    絵本にはそこそこ存在すると思いますが
    父子の物語でありながら
    母親の不在で、物語の輪郭が浮き上がるような手法に
    思わずうなりました。

    浜田さんのお話は、
    なんともいえない暖かな肌触りと
    切なくなるような胸の苦しさを覚える気がします。

    投稿日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット