オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

あなたをずっとずっとあいしてるなかなかよいと思う みんなの声

あなたをずっとずっとあいしてる 作・絵:宮西 達也
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784591089842
評価スコア 4.78
評価ランキング 469
みんなの声 総数 115
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 気持ちを動かされます

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    年少の息子が幼稚園で借りてきました。
    正直、このシリーズは子どもが好きでいろいろ読み、
    感動を狙っていて、あまり好きではないのですが、
    読んでいるとやはり気持ちを動かされますね。

    母親の気持ちもよくわかるのですが、
    それよりも、ティラノサウルスの子が
    マイアサウラではないんだと気づき、
    それでも自分はハートなんだと
    種よりも自分自身を意識するところが
    いいなあと感じました。

    投稿日:2020/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜シリーズ

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    恐竜のお母さんが、自分の子どもと拾った子どもを大事に育てるお話です。
    たとえ血がつながっていなくても小さい頃から大事に育てた子ども、どんな姿だとしても、もう会えなくても、愛し続けることと思います。母親の気持ちを考えると切ないです。しかし、本当の子どもでないと知った子どもはどんな気持ちなのでしょう。こちらも胸が痛くなります。
    子どものお気に入りの恐竜シリーズの一冊です。どの本も考えさせられます。

    投稿日:2016/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母は偉大です

    母って本当に偉大ですよね。人間の世界の母だけじゃなくて、どんな世界の母でも。血が繋がってなくても一緒に生活したら、それはもう立派な親子。たとえ離れ離れになったとしても。どんな時でも母は母。母は子供が1番。子供も母が1番。ステキ

    投稿日:2014/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙なくして読めません

    優しいマイアサウラのお母さんが拾ったたまご。生まれてきたのは、らんぼうののティラノサウルスの赤ちゃんでした。

    夜に、たまごを拾った森へ、赤ちゃんを置いて帰ろうとするものの、赤ちゃんの声をきいて連れ帰るおかあさん。
    その子はハートと名付けられ、マイアサウラのライトと本当の兄弟のように、愛情いっぱいに育ちます。

    大きくなり、周りの声に自分がなにものかに気づきはじめ、苦しむハートと、お母さん、そして本当のお父さんのティラノサウルスのおじさん。

    最後はとても切なく、読み聞かせる大人のほうが涙で読めなくなってしまいます。

    とても良いお話で、子どもたちもじっと聞いていました。3歳と6歳、お話の内容も、この切なさも年齢なりに理解できたようです。
    ときどき涙を浮かべて聞いていました。

    が、6歳の娘のほうは「悲しいから、この絵本いや」と聞きたがりません。
    寝る前に読むと、夢に出てきたりするようです。

    感受性の強い子には、直接的すぎてちょっと辛いかもしれません。

    投稿日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛に溢れたシリーズ

    小学校2年生の娘が、この絵本を読んで一言。「このシリーズは愛に溢れてるよね」。あまりに的確なコメントに、私は「そ、そうだね」としか答えられませんでした。本当に愛いっぱいのシリーズです。
    自分の子ではないティラノサウルスの卵を拾い、自分の子と同じようにかわいがって育てていくマイアサウラのお母さん。母の愛というものは、これほど大きいものなのか?とちょっと圧倒されてしまいました。
    母、父、子、それぞれの大きな愛。ちょっぴり切ないけれど、納得のラスト。もしかしたら子どもよりも大人の方がじーんときてしまうのではないでしょうか?

    投稿日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らないで読み聞かせしたら・・・

    この絵本、たくさんでているシリーズで、この絵本の題名に魅かれ初めて購入したのがこちらでした。「おまえ うまそうだな」は見たことがありりましたが、ハンバーガーショップで見たせいか、良かったなぐらいでしたが・・・内容を良く知らないで、息子とこの絵本を初めて読んだときは、おかあさんがぎゅーっと怪獣ハートを抱きしめたあたりから、もうなかなか読めず、子供は不思議そうでした(#^.^#)その後、ハートはどうなったのか知りたくなりました。

    投稿日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • やはり感動のお話です

    宮西さんの恐竜シリーズの1冊です。

    ティラノサウルスの卵を拾ったマイアサウラのおかあさんが我が子同様に育てるも、大きくなったティラノの子が自分の正体を知り苦悩するという、まるで大人向けなストーリーです。でも子供の目をひく絵と、ストレートな表現の文が子供にも伝わるようで、8歳の息子も最後までしっかりと聞いていました。

    マイアサウラのお母さんの元を去ったティラノの子をおもい「ずっとずっとあいしている」といったお母さんの言葉が胸にひびくお話です。

    投稿日:2012/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • よ〜く わかりました。。。

    評価欄で 感動するってあったし 気になって 図書館で借りてきました。。。

    5歳の子の反応、、、やっぱ 内容はしっかり伝わっているようで しんみり 寂しい顔、、、 最後の終わり方も 5歳児になりに 想像をしてるんでしょうね〜

    3歳の子には 少し 難しいようで ふ〜ん って感じでした。。。

    私も 母と子のつながり 思いが痛いほど 伝わって、ちょっと半泣きになりながら 一息 つきつつ 読んでました。。

    ただ ちょっと 難点も マイアサウラやティラサウルスが読みずらい、、、いいところで 何度も かんでしまいました、、、

    投稿日:2010/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普遍的な愛

    この本は、ティラノサウルスシリーズの1冊です。
    息子が表紙の絵を気に入り、買って来た本です。
    ひょんな事から、マイラサウルスの子として、育てられる事になった
    ティラノサウルスの子。自分をマイラサウルスと信じ込んで
    兄弟とすくすくと育ったある日、森で同じティラノサウルス(お父さん)と出会い、
    自分が本当はティラノサウルスで有る事を知ってしまいます。
    普遍的な親子の”愛”を取り扱った素敵な作品です。
    読み聞かせた後、息子がポツリと
    “もう,ティラノサウルスはお母さんに、会えなくなっちゃうんだね。
    可哀想だよね”
    と呟いた言葉に、息子の成長を感じました。

    投稿日:2008/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやの愛とは

    • ゆなちんさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子2歳

     マイアサウラのお母さんは、拾った卵も自分の卵も大事に育てます。卵がかえり、そのあかちゃんが天敵であるティラノサウルスだと知った後も、葛藤の末やはり大事に育てるのです。「母の愛」って、本来はこんなに大きいものなのだと思い知らされました。
     人間の世界と違って、食物連鎖が存在する野性の世界。凶暴な肉食恐竜にも親子の関係があります。
    ティラノサウルスの父親らしき恐竜がでてきますが、マイアサウラを食べようとするその恐竜に噛み付いたティラノサウルスの気持ち、仲間と思ったティラノサウルスからかまれた、恐竜の気持ち。いろんな切ない気持ちが淡々と描かれていて、読むたびになんだかつらくなります。
    その厳しさも、子供はまだわかっていないけど、何度も読むにつれて自然に受け止めていってくれるような気がします。

    投稿日:2008/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(115人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット