新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ」 その他の方の声

宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ 作:宮沢 賢治
絵:さとう あや
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784895881289
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,403
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人間も自然の中の一部

    • けろ子さん
    • 50代
    • その他の方
    • 兵庫県

    楽団でうまくセロを弾けなくて、団長さんに叱られてばかりのゴーシュ。
    ゴーシュの演奏は、動物たちの中でどんどん上達していきます。
    そこには、ゴーシュと動物たちの魂の交流があります。
    宮澤賢治の最後の作品。賢治は、「人間も動物の中の一存在。」「人間も自然の中の一部である。」そう伝えたかったのではないでしょうか。

    投稿日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるで人生です

    ゴーシュと動物たちとのやり取りを経て、ゴーシュが上手くセロを弾けるようになっていく。
    必死で頑張る物には必ず成功が待っている。
    まるで長い人生を物語にしたような絵本です。
    感情を押さえながら、必死で頑張る姿。今の子供たちに、しっかり見てもらいたい、そんな本だと思います。
    少しのことでも諦めず、やり遂げる姿が素晴らしいと思いました。
    頑張る気持ち、そして他の動物たちとの出会い。
    大切にしたいものです。

    投稿日:2015/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の迫力がイイ!

    • もち子さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    さすが、宮沢賢治の絵本。絵の迫力と、ストーリーの深さに感動しました。私も子どものころに読みましたが、今の時代でも変わらない教訓をわたしたちに教えてくれます。
    動物、音楽、自然など、様々な要素があり、ちょっと怖かったりもして、子どもに様々な感情を与えてくれる本だと思います。
    『注文の多い料理店』と同じくらい、好きな本です。

    投稿日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界に引き込まれる

    小さなころに読んだセロ弾きのゴーシュ、大人になって再度読んだのがこの本です。小学校の頃は「なんだかよくわからない話だけど、動物がたくさん訪ねてきてゴーシュが怒っているなあ、でも演奏会が上手くいってよかったなあ」と思って居ましたが、大人になった今、なんだかたまに自分もゴーシュのようだなと思う時があります。自分の仕事をうまく進めることばかり考えて、周りの人に関心を寄せたり、聴く耳を持たなかったり、、、でもそういう時って結局うまくいかない。後半のゴーシュのように、他者に目を向けたり、気づかえる状態の時の方が、うまくことが運んだりする。行き詰った時に読みたいなと思いました。
    絵もとてもキュートで、とくにタヌキの絵は本当にかわいかったです。

    投稿日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いやされます

    ゴーシュと動物たちのまじわりにいやされます。音楽と動物という視点もはっとさせられます。「猫の事務所」も好きです。憲治さんもきっと動物好きだったのでしょうね。暮らしから切り離せない存在だったのかもしれません。うちの猫たちにも読み聞かせたいです。

    投稿日:2015/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音がきこえてきそう

    いきづまっているゴーシュが、動物たちの出現によって、徐々にかわってきます。その変化が、手に取るようにつたわってきます。
    ひとりで、一生懸命がんばっていても上手くいかず、思いもかけないことによって、壁をこえられる。こういうことは、音楽だけにかかわらずおこりうるので、物語に共感できました。
    そして、描かれている動物たちやゴーシュの様子を見ていれば、本当に音がきこえてきそうです。絵のおかげで、物語をさらに楽しむことができました。

    投稿日:2015/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個人レッスン!

    ゴーシュはセロ弾きです。
    でもあまり上手くはありません。だからいつも、楽長にいじめられていました…

    ゴーシュのこと、最初は好きではありませんでした。
    だっていつも機嫌が悪くて、まるで音楽に八つ当たりしているようなんですもの…。

    けれども読んでいくうちに、どんどん物語に引き込まれていきました。
    まるで楽しい音楽を聴いているようで、体中からワクワクしました。

    ゴーシュのもとに毎晩やってくる動物たちは、
    ねこ、かっこう、たぬき、ねずみ
    そしてゴーシュに教えてくれるのです。
    力強さ、個性、表現力、気持ち

    また一から音楽を見つめ直し、自分自身に向き合い、ゴーシュは人としてセロ弾きとして成長していきます。

    「ああかっこう。あのときはすまなかったなあ。おれは怒ったんじゃなかったんだ。」
    最後の最後に言った、感謝の言葉。

    …やっと、自分の「ドレミファ」を見つけることができたのですね

    投稿日:2014/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット