話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュふつうだと思う みんなの声

宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ 作:宮沢 賢治
絵:さとう あや
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784895881289
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,403
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なぜゴーシュは上手になったの??

    3歳3ヶ月の息子に図書館で借りました。

    さとうあやさんの絵は温かい感じでした。
    そして、さまざまな情景が文章から忠実に描かれています。

    楽長にいろいろ指摘されてから、ゴーシュは夜に自宅でチェロの猛練習をします。
    その途中で動物たちが出てきて、ゴーシュにいろいろ頼むのですが…。
    三毛猫とかっこうに対するゴーシュの扱いが、息子に読むに
    気分的にはばかられました。かわいそう。
    まあ、滑稽といえば滑稽なのですが。

    なぜ、ゴーシュは上手になったのか?
    リズム、音程、メロディーの奏でる情感など、
    これらを動物たちのふとした言動からゴーシュが学んだのかな?

    息子は子ねずみをチェロの中に入れるところが楽しかったようです。

    投稿日:2014/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット