もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

泥かぶら」 パパの声

泥かぶら 原作:眞山 美保
文:くすのき しげのり
絵:伊藤 秀男
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2012年09月09日
ISBN:9784916016959
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,721
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 長く続くものには訳がある。

    60年上演され続けている舞台劇の絵本化だそうです。

    60年前って1950年代ですよね。
    その当時と比べて社会は大きく変化しています。
    それでも続いているという事は
    きっと人間の本質に響く何かがあるのでしょうか。

    絵本を読んでその秘密がわかった様な気がします。

    私は大人に読みましたが
    小学生ぐらいからお年寄りまで
    誰もがどこかに共感して
    主人公の「泥かぶら」とともに
    心の成長を体験できると思います。

    2時間ぐらいの舞台劇を
    よくここまで絵本化したと思います。

    作者・画家・編集者
    みなさまの努力に
    感謝です。

    ロングセラーになって欲しい1冊です。

    投稿日:2012/09/26

    参考になりました
    感謝
    10
  • 舞台劇を絵本にしたものと知ってナットクです。
    少々荒削りに思える絵が、舞台上の演劇をメリハリある形で表現。
    長時間の台本から絞り込まれた骨格を数少ない絵とページで表現。
    泥かぶらと呼ばれ、人から蔑まれた女の子が、誰からも好かれる心美しい女性に変身していく過程に、心揺さぶられるパワーを感じました。
    孤独で、人から蔑まれ、心荒々しく反発していた女の子が、旅の老人に自分をさらけ出し、自分の悲しみつらさを訴えたこと。
    自分を開放することで「ジョハリの窓」を拡げていったこと。
    そこに、自分に対する救いの言葉がありました。
    「自分を恥じないこと、笑顔でいること、人を思いやること」の3つのこと。
    これは「自己肯定」、「他者肯定」と「物事に良さを見つけること」と、人生読本のような教えでしょう。
    実践することは難しいけれど、泥かぶらはそのことに自分を賭けました。
    その間の苦労は省略されているけれど、嫌なことより、良いことが自分の心に拡がってきたとき、自分の生き方に楽しさを見つけた泥かぶらでした。
    それは、悪人さえも改心させるほどの優しさになりました。
    お話しは余韻をもって終わります。
    舞台も人の心を揺さぶるからこそ、演じ続けられているのでしょう。

    投稿日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / うんちしたのはだれよ! / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット