宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

明日もいっしょにおきようね」 ママの声

明日もいっしょにおきようね 出版社:草思社
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年04月
ISBN:9784794218940
評価スコア 4
評価ランキング 22,126
みんなの声 総数 3
「明日もいっしょにおきようね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっとしんどかった

    人間の身勝手で捨てられたり、処分されてしまったりする
    犬や猫。そういうのって許されないよねえって思うし、娘にも
    しっかりそう思ってほしいなあと思いながら読みましたが、
    読んでいてちょっとしんどかったです。
    ハッピーエンドだったからまだよかったけれど(でも現実には
    ハッピーエンドにはならないことも多々あるんですよね。涙)、
    保健所の職員さんも「なんとかして助けてあげたい」と思っている
    人(ノリコさん)にああいう風に言ってしまうのだなあって。
    生半可な気持ちではいけないよってことなのでしょうけれど。。
    娘には、でもこの絵本で言いたいことは伝わったかな?

    投稿日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット