宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ピッキーとポッキーふつうだと思う みんなの声

ピッキーとポッキー 作:あらしやま こうざぶろう
絵:安西 水丸
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1993年03月
ISBN:9784834011579
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,120
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私が小さい頃に持っていた絵本の中の1冊です。
    ストーリー性はあるものの長編ではないので
    「これなら 娘でもたいくつしないで聞いてくれるかな?」
    と思い、最近読んでいます。

    ピッキー ポッキーという響きが面白いのか
    興味を持って読んでいるようです。
    また、この程度の長さであれば月齢が小さくても
    飽きずに聞いてくれると思います。

    投稿日:2012/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • お花見の話

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    うさぎの兄弟(兄妹?)が、たぬきの友達ふうちゃんと、一緒にお花見に行くお話です。
    ほのぼのしていて、温かいストーリーですが、ただ「それだけ」の話になってしまっているのが、勿体なかったです。
    あんざいみずまるさんのイラストが、なかなか私好みでした。

    投稿日:2004/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • この地図ほしい

    子供が読みたーいと持ってきた本なので読んでみました。
    始めにみて地図が…。なんか私好みだったりする。
    ということで読んでみました。お話の内容より絵のタッチが気になったのは私も子供も一緒でした。
    かわいい絵ですよ。

    投稿日:2003/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット