もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ふくろにいれられたおとこのこ」 せんせいの声

ふくろにいれられたおとこのこ 絵:堀内 誠一
再話:山口 智子
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2004年
ISBN:9784834020502
評価スコア 4.32
評価ランキング 15,062
みんなの声 総数 21
「ふくろにいれられたおとこのこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カトリ〜ヌ!大鍋の用意だ!

    ピトシャンピトショっていう名前の男の子が
    道で拾ったイチジクを育てると、
    どこからともなく鬼がやってくる。
    で、想像通りその鬼につかまってしまう。
    でもピトシャンピトショは頭をフル回転させて
    鬼をやっつけるわけ。

    面白いのは、鬼と鬼のおかみさんとのやりとり
    「カトリ〜ヌ!大鍋の用意だ!
    ピトシャンピトショを捕まえたぞ!」と大声で帰宅する
    ってことは、あのイチジクは鬼がわざわざ
    狙いを定めていたピトシャンピトショを捕まえる罠だった?
    なら、ピトシャンピトショが頭の回転の良い男の子だって
    なんで気づかなかったんだろう?
    まあ、
    どうやって木に登ったんだ?ってピトシャンピトショに聞いて
    「大鍋全部と小鍋全部とお皿をぜ〜んぶ」重ねた上に登ったなんて答えられて、
    その通りやってみるなんていうオツムの回転の鬼には
    気づかなかったかもしれないけどね。

    面白いお話を、堀内さんの絵が更に面白くしてくれてます。
    勧善懲悪の世界が楽しい3才児さんは、きっと気に入るよ。
    大人には南米の香りのする鬼も楽しいかも。

    投稿日:2006/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット