季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本」 みんなの声

モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本 作・絵:ウィリアム・ジョイス
訳:おびか ゆうこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2012年10月31日
ISBN:9784198635039
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,241
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 本をこよなく愛した モリスの一生に 引き込まれました

    短編のアニメーションの映画がアカデミー賞を取りました

    うれしかったこと かなしかったこと みたこと きいたこと そして願っていることを ひとつのこらず書くことにしている   モリス

    ある時 本が空を飛んでいった・・・・・
    青い本が 案内してくれた 建物の中は  図書館みたいでした

    モリスは そこでいたんだ本を直したり 本の修理をしたのです
    本のお医者さんのようですね
    本をこよなく愛し「どの本も かけがえのない 大切なものだよ!」

    そして たくさんの人々に本を読んでもらったのです
    これほど本を愛したモリスも 年月と共に年老いていくのです

    これからも 本は人々の心の中で 生き続けていくことでしょう

    子ども達にも 大人にも 本は 心の栄養になると思います

    アニメも見てみたいな〜 
    ♪ 音楽がきっとたのしいでしょう♪  
    モリスに会えるのが楽しみです

    投稿日:2020/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「これ面白いよ、読んでごらん」

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    アカデミー賞短編アニメーション賞をとった、
    2012年受賞映画の絵本版ということを知らず、
    ただ絵本としてお薦めされていたので図書館で借りてきました。

    先に読んだ7歳児が「これ面白いよ、読んでごらん」と
    薦めてくるぐらい、また何度も一人で読み直すぐらい
    息子には面白いと感じられたんでしょうね。

    実際、本好きにはたまらない夢みたいなお話でした。

    でも、一瞬、稼ぎがなくて食費は?家族はいなくていいの?と、
    現実的な心配もしましたけど。

    投稿日:2020/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • すべての本好きさんのために

    英語版をボランティアで紹介しています、対象は小学校1−2年生です。日本語訳も原文を損なわないやさしさにあふれた文章です。
    本が好きなこどもたちには、たのしくおもしろいお話に、大人には人生も考えさせらる壮大なものがたりです。手元にずっと置いて歳に連れ何度も新しくたのしめる一冊です。
    本をたのしんでから、ムービーもぜひ見てください。

    投稿日:2017/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分がつくる本

    本好きだった少年、文章を書くのが好きだった少年、そして図書館で働くことを目指した少年…、実はそれは私自身なのですが、この絵本は自分のことを語っているようであり、これからの自分の道を教えてくれているようでもありました。
    本が好きになったのは、本の世界に魅せられたから。
    それは人が書き記した物語でした。
    文章を書いて、いつかは自分以外の人が見るのかもしれません。
    こうして誰もが自分の記録を、次に伝えていくのでしょうか。
    でも、この絵本をそんなに重い気持ちで読んではいけないでしょう。
    本を読むこと、自分を書き記すことが好きのなってくれるといいな。
    とても夢のある絵本です。(約7分)

    投稿日:2016/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本が好きで好きでたまらないモリスは、読むのが大好きで、自分でも本を書いていました。
    いつも、見たこと、聞いたこと、そして、願っていることをひとつ残らず書いていたのですが、ある日、強い風が吹いてきて、すべてが飛んでいったのです。
    そして、何かに導かれるように歩いていくと、あたらしい場所にたどり着きました。
    モリスにとっては、きっと幸せな場所に違いありません。
    本に囲まれての生活、いつも近くには本が寄り添っています。話しかけてきます。歩いてきます。なんだかとてもたまりません。
    やがて訪れる日。でも、幸せへの道…
    本と関わる人生について、深く深く感じることができました。

    投稿日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり本っていいなぁ

    原作のタイトルの通り、とてもファンタスティックなお話でした。

    本に生涯を捧げた男の話。
    幻想的で夢を見ているような展開、感情を持った本たち。

    長い年月を本たちと過ごし、じぶんの本を書き終えたモリス。
    満足感とともに、寂しさがこみ上げてくる様子が切なかったです。

    でも、身が滅びても、本は時間を越えて、モリスの想いを伝えてくれる。
    やっぱり本っていいなぁ…と思いました。

    本が好きなら、きっと目が離せなくなると思います。
    うちの娘も、釘づけでした。

    投稿日:2015/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本好きにはたまらない1冊

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道

    本好きの人(大人も子供も!)にはたまらない1冊ですね♪

    こんな風に、たっぷりの本に囲まれて暮らしてみたいなぁ〜。
    本たちが「読んで、読んで」とささやく感じは、分かる気がします。
    だって図書館や本屋さんに行くといつも、私にもたくさんの本たちが
    「読んで、読んで」とささやきかけてくるように感じるもの。

    何日も熱心にものがたりを読みふけるモリスの姿には
    何だか本好きのうちの子の姿に重なります。
    本好きの子って、いつでもどんな格好でも、本の世界に没頭出来ちゃいますもんね。

    表紙カバーにある作者紹介に
    『(作者は)2005年の巨大ハリケーンで被災したルイジアナ州の町で、避難所の子どもたちが寄贈された本を読んでいる姿を見て、本には人を癒す力があるというメッセージをこの物語にこめたという。』
    とありました。

    冒頭の突然の竜巻のシーンは、そういうわけだったのですね。

    本には様々な力が秘められていると、私も本当にそう思います。

    やはり、本好きにはたまらない絵本です。

    投稿日:2015/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛読家賛歌

    まさに、愛読家賛歌な本でした。本が好きな人は、本当にきっと読めなくなると字に飢えるのでしょうね。私はそこまでの愛読家ではないので、正直なところ、この本を読んでもあまりピンと来ず、出だしの全てを失うことの暗示は何なのかさっぱり分りませんでした。でも、とってもファンタジックな話で、最初にモリスがあう、空飛ぶ本につかまって飛んでいく女の人の意味が最後に分って、とても安心しました。

    投稿日:2013/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本たちから手足が出てるところが好き!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    本を愛する人は本にも愛されるんだなぁと、つくづく感じました。
    この本の主人公「モリス」は、本好きにはたまらない素敵な一生を送れて羨ましいです。
    作者が元々アニメーション畑の方なので、描かれている世界はアニメーション的な広がりがあります。
    アメリカのアニメが好きか嫌いかで、この絵本に対する評価は大きく変わるかもしれません。

    1ページ1ページとても見せてくれる作品ですので、その分ページ数もかなりなもので、文章の量に比べてページ数が多い作品となっています。
    個人的には後半の老いたモリスと本たちのやり取りのシーンが好きです。
    本たちに細い足がついているのが、すごくいいです。なんと古そうな本は伸びた「手のようなもの」が杖まで使っているんですよ〜。
    こういう発想はとても好きです。

    絵ははっきりしているし、字も大きく読みやすいですが、本が好きか嫌いかで大きく読者によって印象が変わってくるので、学校などの読み聞かせで使うより、個人個人で黙読する方がいい作品だなと、思います。

    投稿日:2013/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語が大好きな人へ

    物語を読んだり書いたりするのが大好きな、モリス・レスモア。
    お話は、彼が嵐に遭って何もかも失ってしまうところから始まります。
    行く当てもなく歩き始めたモリスが出会ったのは、綺麗な女の人。
    不思議なことに彼女は、色とりどりの空飛ぶ本につかまってどこかへ飛んで行こうとしているところでした。
    彼女が連れていた青い表紙の本に導かれモリスがたどり着いたのは、たくさんの本達が飛び回る建物で…?

    お話を通して、モリスがどれだけ本を愛しているかということがよくわかります。
    彼と本達との付き合いが、なんだか人生にもなぞらえられているようで心を打たれました。
    すべてを失ったばかりのモリスはモノクロで、不思議な本達と出会った後は光を取り戻したようにカラーで描かれていて、その心情がよく表現されているなぁと感じました。
    寂しい終わり方じゃなくて、読んだ後ほっとできる後味の良さが気に入りました。
    子供だけじゃなく、本好きな大人にもおすすめです。

    投稿日:2013/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / キャベツくん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット