虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

あしにょきにょき」 みんなの声

あしにょきにょき 作:深見 春夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年10月20日
ISBN:9784265905041
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,203
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

52件見つかりました

  • 斬新!

    何でしょう,そら豆を食べたことによって足があんなにもあんなにも伸びてしまうなんて!
    確かにあのそら豆を売りにきたセールスマン,怪しすぎましたものね!!
    いや〜斬新な絵本で,引き込まれてしまいました(笑)。
    どうやって伸びた足を元通りにするのだろうとドキドキしていたら,何ともあっけない方法で。
    そこがまた何だか意表つかれて面白かったです。
    足の裏をくすぐられたら誰でもくすぐったいですものね!

    投稿日:2015/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • そらまめホラー

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    表紙と題名から、なにこれ?の世界です。
    美食家のポコおじさんのところへ、妙な人が訪ねてきて、そら豆を販売したのです。
    早速煮て食べると、美味しい!
    ところが、左足がどんどん伸びて、大騒ぎになるのですね。
    その伸びっぷりが豪快です。
    そして、その収拾策が、既視感はありましたが、妙に納得です。
    そのホラー度は、子どもたちにもちょうどよい加減のような気がします。
    古い作品なので、多少昭和の香りがするのも、何とも言えない味わいです。

    投稿日:2015/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怪しげなそら豆

    このお話は全身緑色の怪しげな男から巨大なそら豆を買って食べた男の左足だけがどんどんと伸びてしまったお話でした。うちのおはこの怪しげな男が怪しく見えたらしく「こんな変な人のそら豆食べたくない!」って言っていました。こののび太足を元に戻す方法が面白かったです!!なんと、こちょこちょ(笑)うちの子もこの落ちには大うけでした。

    投稿日:2015/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • あり得ないから面白い

    息子が最近、この作者さんの絵本が気に入っているので、図書館で借りてみました。

    期待を裏切らない面白さでした。
    片足だけ伸びるというのがまた不思議で面白いです。
    息子はそんなこと考えもせずに、純粋に笑い転げていました。

    投稿日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑ってしまう

    • はすかさん
    • 20代
    • その他の方
    • 島根県

    小さい頃に読んでもらって以来ずっと覚えていた絵本です。
    小さいときはもっと足が大きく見えていて、本当にインパクトがありました。
    足がどんどん伸びていくのはとても面白かったし、スケートの大きさにわくわくします。
    わけのわからないお話といえばそうですが、子供にはウケると思います。今も好きです。

    投稿日:2015/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!!

    6歳5歳の娘たちと読みました。そら豆みたいな不思議なセールスマンがもってきた大きなそら豆。それを食べたら左足が伸び出したー!窓を割って、知らない人の家の中通って・・・・。もう、とっても面白すぎ!娘たちは「こんなのことありえないやろー!」と笑いながらつっこみまくり(笑)でも伸びてく足を止めたのは予想外の方法。楽しい絵本です!

    投稿日:2015/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケラケラ笑っていました

    とってもとっても面白い絵本です。
    足がぐーんと伸びていきます。最初はぐーんだったけれど、そのうちにょきにょき、にょろにょろ。迷路のようにどんどんどんどん伸びていきます。
    その様子が面白くて娘はケラケラ笑いながら見ていました。
    そして足の裏をコチョコチョ。くすぐりごっこにはまっている娘にはかなりつぼだったようで、もう大爆笑でした。

    投稿日:2015/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理由は関係なくおもしろい

    ソラマメを食べたら、足が伸びる・・・
    なんで??と大人は思うけど、
    子供はそんな理屈なんて関係なく、
    ゲラゲラと笑っていました。

       
    コチョコチョの部分は、本当にコチョコチョするような口調で読んであげたら
    カラダをくねくねさせながら、笑っていました。

    これ、古い絵本なんですね。
    黒電話とか、市長さんの服装や、街の雰囲気とか、レトロなのに
    なぜか洋書のようなかっこよさがあり、
    今読んでも、ステキな絵です。

    投稿日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • のびるのびるあし!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    毎日、おいしいものを食べているようでうらやましいなーと食いしん坊な私は思ってしまいました。
    そらまめを食べたらあしがのびた!?
    …のびるにも限度があるでしょう。いったいどこまでのびるのー!と思いながら読みました。
    長いあしはいいなーとは思いますが、このレベルの長さはいりませんね(笑)。

    投稿日:2014/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • そらまめ食べて・・・。

    見るからにあやしげな男が持ってきたそらまめ。
    それを食べたらひだり足だけにょきにょき、どんどん伸びていく!

    単純なストーリーですが、
    足を追いかけてページをめくるのがとても楽しい絵本です。

    足が迷路のようにあっちにいったりこっちにいったり。
    それを指で追っていくのが子どもは好きなようです。

    最後どうなるのかな?と思っていたら、まさかの展開が。
    自分の足までなんとなくくすぐったくなる、そんな作品です。

    最後のページにあやしげなセールスマンの後ろ姿が
    描かれているのですが、
    その人の声を想像する時、
    笑うセールスマンの声を想像してしまう自分がいます。

    「つぎはあなたのところにいきますよ!」
    みたいな声が聞こえてきそうです。

    投稿日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

52件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…
  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット