新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

おおばっちゃんちに またきてたんせ」 みんなの声

おおばっちゃんちに またきてたんせ 作:秋山 とも子
出版社:福音館書店
本体価格:\390+税
発行日:2012年08月
評価スコア 4
評価ランキング 24,648
みんなの声 総数 3
「おおばっちゃんちに またきてたんせ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お盆

    お盆に孫やひ孫たちが、お墓参りに帰ってきて、4世帯が一緒に暮らすのがとても賑やかで懐かしかったです。お盆よびで、ご馳走を食べるのも楽しみだったなあと懐かしかったです。田舎に帰る経験がないので、親戚が集まって仲良くするのは、いつまでも続いてほしいなあと思いました。

    投稿日:2019/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お盆休みに田舎に集まる大家族

    母親の私も経験したことのない、田舎でのお盆休みの様子が描かれています。(秋田県仙北市だそうです)

    でも祖父母の家でご先祖さまの代々の写真が飾られていて子供心に怖くてねむれなかった記憶がよみがえってきたり、こまごまとしたモノであふれて台所や居間など家の中が雑多な様子がとてもリアルに描かれていたりして、懐かしく感じました。

    息子は、裏表紙中にある間取り図も一生懸命見ていました。

    投稿日:2014/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田舎の暮らし

    毎月購入している「こどものとも」の絵本です。
    「おおばっちゃんちに また きてたんせ」というタイトルにも
    なっている方言が、娘には新鮮だったようで、ことあるごとに
    「おおばっちゃんちに・・」と呟いています。
    私達が暮らす長野にも方言はありますが、普段暮らしている中では
    それが「方言」なのかどうかも娘にはわからないですから、こうして
    できるだけたくさんの他の地域の文化ともふれあってもらいたいなあ
    と思います(ふれあう中で、自分が暮らす土地の言葉、他の土地の言葉
    などがわかってくると思うので)。
    お盆のにぎやかさも娘にはわからないだろうなあ。お盆だからと
    言って親戚一同集まったことがないので。小さかった頃、こうして
    集まるのが楽しかった私としては、娘にその機会を与えてあげられ
    ないのがちょっと残念です。ご先祖様の写真が並ぶ様子なども
    知らないしねえ。
    せめて絵本の中だけでも疑似体験してもらえたらいいな。

    見開きに書かれた「おおばっちゃんのかぞく」の家系図も
    これまた珍しかったようで、その後、真似して書いてもいました。

    投稿日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット