くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ぷれいぶっく」 みんなの声

ぷれいぶっく 絵:フィオナ・ランド
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784072491942
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,711
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 出産祝いに。

    友達の出産祝いに贈りました。
    赤ちゃんの反応がとても良いとのことで、友達にも喜んでもらえました。こちらも大満足です。
    あちこち触って口に入れて楽しめます。色もカラフルです。ページ数は少なめですが、お値段以上と思いました。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファースト絵本におすすめです。

    ファースト絵本にと、妊娠中に購入しました。
    いろいろな色、形、手触りと、もりだくさんです。
    日本では無いかんじの、色使いが多いです。
    ねんねのころからのお気に入りとなりました。
    めくってさわって舐めてと、しっかり使い込みました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味津々

    出産祝いに友人がプレゼントしてくれました。
    最初のころは特にミラーのページがお気に入りでしたが、覗いてはニコニコとしていましたが、8か月頃になり手も上手に動くようになってくると、いろんなページを触るようになりました。
    手にいろいろな感触の刺激を与えるのはいいことだと思うので、どんどんとボロボロになってきていますが、自由に触らせています。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっぱい触っています

    絵本の読み聞かせをしても、じっとしておらず、自分でどんどんページをめくったり、舐めたり、破ったり(苦笑)。
    そんな娘が自由に遊べる絵本はないかなと思っていたときに見つけました。

    案の定、自分でどんどん触って遊んでいます。ぞうのお花や蜂の羽はあっという間に破り取られてしまいました。
    いないいないばあの仕掛け(フラップ)も何度も遊んでいて、こちらも破れています。
    一番気に入っているのが白いもこもこのようで、そのページはよく触って楽しんでいます。
    目で見るだけではなく、触感でも楽しめるのがこの絵本のよいところだと思っています。

    破れてもボロボロになってもいいやー!という気持ちで好きに触らせています。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフル

    カラフルな色彩が綺麗だし、お気に入りな孫です。

    自分の顔を鏡で見るのが、今では一番のお気に入りになりました。

    女の子だなあって思うし、成長したなあって感じました。

    赤ちゃんの頃からお薦めの絵本です。

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 7か月の時に購入。
    鏡を舐めまくる、仕掛け部分を引きちぎる。
    「ふわふわ」や「ざらざら」には一切興味なし。
    うちの子にはちょっと早かったか…。

    しばらくして再チャレンジする予定です。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • てざわり色々しかけ絵本

    いろいろな感触を学ばせるのは発達にいい、とのことらしいので色々な手触りが楽しめるしかけ絵本を初めて購入。
    鏡等がついていて色々なしかけが面白いです。
    6ヶ月の娘も興味を持ち、一生懸命と口に入れてもごもご。興味を持ってくれているのはいいのですが、紙の素材がすぐぼろぼろに。他の絵本に比べ強度が弱いみたいです。しかけ絵本はそういうものなのかな?もう少し赤ちゃんがなめても大丈夫な絵本を探してみても良かったな、と。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん時代

    まだ長女が赤ちゃんのときに、よく遊んでいた本です。

    ざらざら・ぼこぼこと、いろいろな感触が楽しめます。
    鮮やかな色も、おしゃれで楽しいです。

    読むのではなく、遊びの絵本だと思います。

    本屋さんでは見かけなかったのに、おもちゃ屋さんで見つけたので、絵本ではなく、おもちゃと分類されている場合もあるのでしょう。
    お探しの方は、おもちゃ屋さんなど意外な場所で置いているかもしれませんよ。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高のファーストブック

    はじめて本をめくれるようになったのがこれです。1人でおすわりができるようになった頃だと思います。ページが厚く、とてもめくり易くできています。

    一番のツボは、絵本の中に鏡がついているところ。親子で鏡を眺めてはニコニコしていたのを覚えています。鏡に一緒に映った顔を写真で撮って遊んだりもしました。

    持っている絵本の中で、一番ボロボロで、思い出いっぱいの絵本のとなっています。

    赤ちゃんの誕生お祝いにもオススメできる一冊です。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    Baby touchシリーズは0歳、1歳の頃、本当に良く読み、良く活躍してくれた本です。どのテーマも使われている素材は変わらないし、1冊買ってしまえばちょっと新鮮味にかける部分もあるのですが、我が家ではどの本も娘のお気に入りでした。お友達の赤ちゃんが来たときでも、丈夫な本なので、気兼ねなく触ってもらっています。カラフルでシンプルで外国っぽいデザインも気に入ってます。

    掲載日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット