宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぽっつんとととはあめのおとなかなかよいと思う みんなの声

ぽっつんとととはあめのおと 作:戸田 和代
絵:岡田 千晶
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年07月
ISBN:9784569782430
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,173
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • テーブルに並んだごちそうが

    表紙のぬいぐるみを抱く女の子に惹かれて手に取りました。
    家に小さな赤ちゃんがいると、雨の日は絶対に出かけられません。あーちゃんはお出かけできずに退屈しています。そんな時、かえるさんに誘われて、雨の中を進むと・・・そこで盛大なパーティーが開かれます。
    テーブルに並ぶ、カエルのお母さんがつくったごちそうが本当に美味しそうでした。うらやましくて、私も混ぜてほしいなぁと思いました。

    投稿日:2015/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるさんの家で

     雨がふり続いて、つまらなそうなあーちゃん。そんなところへ、かえるがやってきました。

     あーちゃんや、ネコ、ぬいぐるみたちの表情がみんないきいきしているのがいいなと思いました。ぬいぐるみたちが、ながくつをはいて傘をもって出かける様子が、とてもほほえましいしです。

     かえるさんの家で、いっぱい遊んだあーちゃんたち。最後のページのうしろすがたは、みんなくたびれています。
     ていねいに描かれた絵がおもしろくて、すみずみまで楽しみました。

    投稿日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット