ゆめのかなえかた ゆめのかなえかた ゆめのかなえかたの試し読みができます!
著: たかい よしかず  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こどもも大人も、ゆめをかなえるってすてきなこと!

うれないやきそばパン」 みんなの声

うれないやきそばパン 文:富永 まい
絵:いぬんこ
作:中尾 昌稔
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784323033761
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,680
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 昔は どのパンも人気があったのに・・・ 最近は パンが売れずに みせじまいするかな・・・・ パンやのおじさんが かわいそうです
    それに・・・・ ゴミ箱に捨てられたパンはもっとかわいそうです
    涙出そう
    パン屋のおじいさん 隣町のぱんやさんへ パンの研究ですね
    そして 新作の デニッシュのポールパンが 売れて 大人気に

    ところで 焼きそばパンの ピョンタは?   悲しくて
    この店から出て行こうとします   かわいそう!

    ところが   お母さんが 焼きそばパンをパクリッと食べてくれて
    その美味しそうな顔が ほんと ステキです!

    可成屋ぱんがんばれ!  カナリヤパン  お爺ちゃんの笑顔にホッとしました

    投稿日:2018/12/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 昭和の香りが・・・

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子10歳、女の子6歳

    レトロな色合いに、哀愁漂うパンたち、行儀よく座るやきそばパンの表紙は、まさに昭和の香りが・・・、と図書館で手にとったのは、平成生まれの娘でした(笑)。

    個性あふれるパン達の表情がなんともいえません。
    それも、やきそばパンって、私の中ではやんちゃなイメージ、メロンパンは現代っ子・・・だったのですが、このお話では、全く逆の個性付けがされていて、そのギャップもまたおもしろく、娘とパン達の表情を細かく観察しながら読みました。

    近所にオシャレなパン屋さんができて、すっかり流行らなくなったおじいさんのパン屋さん。幼いころにこのお店に通っていたお母さんが、子どもを連れて、なつかしのパンを買うことがきっかけで、おじいさんをはじめ、パン達に笑顔がもどります。

    シンプルなストーリーですが、絵が味わい深いので、親子でじっくり読みいることができました。

    投稿日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ノスタルジック&思いやりの気持ち

    町にある古い古いパン屋さん“カナリヤパン”。
    おじいさんのそのお店は今ではほとんどパンが売れず、
    日が暮れると売れ残ったパンたちはゴミ箱の中で悲鳴をあげる毎日。
    そんなある日、おじいさんは隣町のパンやさんに出かけます。
    そこでおじいさんが目にしたものは、
    チョコレートや生クリームたっぷりのキラキラしたパンたち!
    「もう売れ残りのパンと捨てるのはいやじゃ」とおじいさんが作り出したのは、
    新作のデニッシュパン、ポール!!
    あっという間にポールは大人気になり、
    いつも売れ残っているやきそばパンのピョンタはお店を去ることに決めました。
    でも、ある一組の親子がやってきて・・・!

    最初はなんとも切ない感じなんですが、
    読んでいくうちにだんだん心が温かくなってきて、じんわりこみ上げる幸福感!
    昔から変わらないものへの安心感と、人を思いやる温かい気持ち。
    “身を引く”って切ない愛情ですね。
    でも、けなげなピョンタも報われて良かったです。
    ポールだけがギラギラ自信満々なのも面白かったです。

    “ボンボンボンジュ〜ル♪”の歌は娘たちが面白がって何度も歌わされました(笑)。
    この本は、4歳の次女が特に気に入って何度も読みました。

    ちょっとノスタルジックな感じと個性的なパンたちが子供たちにも好評でした。
    おじいさんにも笑顔が戻って良かった!(^^)

    いぬんこさんの絵がとてもいい味出していると思います。
    おじいさんのお出掛けルックもかわいらしくていいですよ♪
    大人が読んでも面白い一冊でした(^^)。

    投稿日:2013/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 焼きそばパンってそんなに・・?

    哀愁漂う絵のタッチが気になって手に取りました。
    それにタイトルが「売れない焼きそばパン」

    読んでみると
    焼きそばパンは、今は人気がなく、生きる化石みたいな扱いでした。
    それって本当?
    ちょっと衝撃でした。
    スーパーの袋入りのパンでも、まだ焼きそばパンは普通に売ってるし
    手に取っている人もいましたよ。
    なんだかその設定が気になって
    お話があんまり心にも頭にも入ってきませんでした。
    もっと遠い未来の話なのかしら・・。
    それとも私の頭が古すぎるママなのか・・・。

    投稿日:2019/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 焼きそばパン美味しそうです

    焼きそばパン美味しそうなのに、売れないのは可愛そうですね。今日もお昼に”パンのとら”に行ったら行列が出来ていてお目当ての惣菜パンは買えませんでした。それも困るけれど、おじいさんもやるだけのことをやって努力をしているから、その時代の流れもあるんだなあと感じました。焼きそばパンの優しい気持ちが、お客様にも通じてお馴染みさんは必ずいるから自信が持てるようになってよかったなあと思いました。

    投稿日:2019/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 売れ残ったパンが?!

    小学生あたりだと大人では返せないツッコミ
    満載なところがいくつかあります。

    売れ残って捨てられたパン。それが再びお店に?!
    なってツッコみがはいったらどうするか?!
    読み聞かせのときは少し対策が必要かもしれません。

    でも、そんなツッコミがなければ、とっても美味しそうな
    そしてすぐにでもやきそばパンが食べたくなるお話です。

    パン屋のおじいさんも新しいものをとりいれるなど
    たくましさもあります。
    そうそう学生時代、お昼の購買で焼きそばパンは一番人気
    だったよね。そんなノスタリジーも感じられる。
    大人にとってはなつかしいあの味!子供たちに
    とってはたべてみたい!と思う絵本です。

    ほんとは星5つだけど、ゴミ箱のシーンのあとの
    陳列がちょっときになったので読み聞かせのときは
    要注意の星3つです。

    投稿日:2017/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 焼きそばパンって美味しそう

    あたらしいおしゃれなパンを売っている隣町のパン屋さんは大繁盛です。
    おじいさんが作る昔ながらのパンを買いにくるお客さんはとても少ないのです。
    毎日捨てられるパンたち、かわいそうですね。
    でもある日、状況が変わって。
    昔ながらのパンを作り続けたおじいさんのお話でした。
    焼きそばパンって食べたことがないのですが、美味しそうですね。

    投稿日:2016/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロな絵がかわいい

    古い昔ながらのパン屋さんのパンたちのお話です。
    隣町の繁盛しているおしゃれパン屋さんにヒントを得て、ご主人が起死回生をかけてデニッシュパンを作ります。それが大当たり。うれないやきそばパンは、店に迷惑がかかるとパン屋を去ろうとします。
    ストーリーには劇的な展開があるわけではないのですが、そのレトロな絵に魅了されました。哀愁漂うやきそばパンの表情なんて、最高です。

    投稿日:2016/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 謙虚なピョンタ 大好きです♪

    NHKEテレ、朝の人気番組「シャキーン!」は
    観てないし・・・
    ふざけた名前だなぁ・・・
    あっ 「おかめ列車」と「おちゃわんかぞく」の作者さんか
    よしながさんとかぶるなぁ

    と、思いながらも
    気になってしょうがない(笑

    表紙の絵の正座している
    このやきそばパンのけなげさが
    気になって、気になって・・・

    で、展開は予想出来たのですが
    新しく光り輝くデニッシュパン、“ポール”が
    なんともおかしくって

    今、こういう感じ、雰囲気多くないですか?

    けなげに、一生懸命に、地味に頑張っている人は
    全然目も向けられない・・・みたいな
    それでも、いつもはじっこに座っていた
    やきそばパンのピョンタが・・・!!!

    人間の移り気?というのでしょうか
    飽き易いというか
    流れやすいというか
    そんな “軽さ” に喝!をいれているような

    と〜っても昭和的で
    楽しめました

    昭和の大人が楽しんで
    平成の子ども達に
    大切な心を伝えていきましょう

    投稿日:2016/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 健気なやきそばパン

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    4歳の娘に読みましたが、気に入ったようでよく持ってきます。
    古い昔ながらのパン屋さん。さびれてしまってあまりお客さんが来ないようで…。
    パン屋のおじいさんがしっかりと手を打つところがいいですね。
    売れ筋のパンの場所をひろげるために売れない自分はいないほうがいい、と出ていこうとするやきそばパンくんが実に健気です。
    絵が良かったです。パンたちの表情が。

    投稿日:2015/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット