もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

うれないやきそばパン」 その他の方の声

うれないやきそばパン 文:富永 まい
絵:いぬんこ
作:中尾 昌稔
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784323033761
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,680
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔は どのパンも人気があったのに・・・ 最近は パンが売れずに みせじまいするかな・・・・ パンやのおじさんが かわいそうです
    それに・・・・ ゴミ箱に捨てられたパンはもっとかわいそうです
    涙出そう
    パン屋のおじいさん 隣町のぱんやさんへ パンの研究ですね
    そして 新作の デニッシュのポールパンが 売れて 大人気に

    ところで 焼きそばパンの ピョンタは?   悲しくて
    この店から出て行こうとします   かわいそう!

    ところが   お母さんが 焼きそばパンをパクリッと食べてくれて
    その美味しそうな顔が ほんと ステキです!

    可成屋ぱんがんばれ!  カナリヤパン  お爺ちゃんの笑顔にホッとしました

    投稿日:2018/12/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 謙虚なピョンタ 大好きです♪

    NHKEテレ、朝の人気番組「シャキーン!」は
    観てないし・・・
    ふざけた名前だなぁ・・・
    あっ 「おかめ列車」と「おちゃわんかぞく」の作者さんか
    よしながさんとかぶるなぁ

    と、思いながらも
    気になってしょうがない(笑

    表紙の絵の正座している
    このやきそばパンのけなげさが
    気になって、気になって・・・

    で、展開は予想出来たのですが
    新しく光り輝くデニッシュパン、“ポール”が
    なんともおかしくって

    今、こういう感じ、雰囲気多くないですか?

    けなげに、一生懸命に、地味に頑張っている人は
    全然目も向けられない・・・みたいな
    それでも、いつもはじっこに座っていた
    やきそばパンのピョンタが・・・!!!

    人間の移り気?というのでしょうか
    飽き易いというか
    流れやすいというか
    そんな “軽さ” に喝!をいれているような

    と〜っても昭和的で
    楽しめました

    昭和の大人が楽しんで
    平成の子ども達に
    大切な心を伝えていきましょう

    投稿日:2016/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット