いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

めざめのもりのいちだいじ」 みんなの声

めざめのもりのいちだいじ 作・絵:ふくざわ ゆみこ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784834020717
評価スコア 4.73
評価ランキング 982
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 春がまちどおしい!

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    4年生の読み聞かせで使いました。

    春の到来には、まだまだ早いのですが、
    雪深い森のなかで、動物たちがめざめ、いろんなものが冬から春へと動いているようすを、かわいい絵を通して感じてほしいなあと思って選びました。

    まだまだ眠っていたいくまさんを、みんなが起こそうとするようすや、くまさんがひょいと大木をかかえるようす、見ていてほほえましい場面ばかりで、子どもたちも終始笑顔で見てくれました。

    雪解け水や、ふきのとうなど、春の到来を感じる自然の世界を、絵本だけじゃなく、実際に見てみたいなあって思いました。

    投稿日:2013/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふくざわゆみこさんの作品

    とにかくひくざわゆみこさんの作品が大好きでこの絵本を選びました。今回も熊とヤマネくんの友情の強さとお互いを誇りに思い尊敬し助け合っている日常を見る事が出来てとても満足しています。そして、内容も今の季節にピッタリのものだったのでとても嬉しくなりました。雪解けの川の水は流れる速さや水の冷たさが文章を読まずともこちらに伝わってきました。さすがふくざわさんの絵本だなと感心しました。春になった場面が私の一番のお気に入りです。娘と行ってみたいなと楽しい想像を膨らませました。

    投稿日:2008/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大好きなシリーズです

    「おおきなクマさんとちいさなヤマネくん」のシリーズは、
    毎回ちょっとした事件が、肝になっているストーリーなのですが、
    この、「めざめのもりのいちだいじ」は、タイトルのとおり、なかなかおおきな事件がおこります。
    ぐっすり眠っているクマさんに、思わずわたしも、はやく起きて!!と、起こしたくなりました。
    最後はやっぱりハッピーエンド!はらはらどきどき、でも、安心して読むことのできるシリーズです。

    投稿日:2018/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • クマさん、起きて!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    春。
    ハチさんのピンチを救えるのはクマさんしかいない!?ですが、まだクマさんは冬眠から覚めなくて…。
    やさしいお話でした。
    クマさんが起きた時の様子が微笑ましかったです。たしかにおなかはすいたでしょうねー(笑)。

    投稿日:2016/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬眠からのめざめ

    冬眠から目を覚ましたヤマネくんは、春がもうすぐそこまできていることを、色々なところで感じていました。でも、クマさんはまだまだねむくて、なかなか起きれませんでしたが・・・さすが、クマですね。ハチミツのためならいろいろとがんばれちゃいましたw

    投稿日:2016/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本です!!

    おおきなクマさんと ちいさなヤマネくんの
    季節ごとのシリーズ4作品は どれも大好きなものです。
    私は図書館で予約して借りられた順番でしたが、
    小さいお子さんへの読み聞かせなら、
    季節に合ったものを選ぶと最高だと思います。

    今回は春のめざめですから、
    私も季節に合った時期に読めました。
    クマさんとヤマネくんの友情が中心ですが
    森の中での出来事はドキドキとハッピーエンドが
    読み終えた後もホッとします。
    今回もヤマネくんの素早い発見、
    クマさんののんびりだけど 力持ちの安心感。
    動物たちの可愛い様子が
    とても和む絵本でした。

    投稿日:2016/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • レンゲの花畑

    クマさんとヤマネくんのシリーズは、他にもいろいろな季節のおはなしがありますが、今回は雪解けの春が舞台。
    冬眠から目覚めたヤマネくんが、ミツバチさんの家が崖から落ちそうになっているのをみつけ、森の仲間たちと力を合わせて助けます。
    それにしても、みんなが大慌てしているのにのんびりしているクマさんののんきなこと。でも最後は大活躍なんです。
    レンゲの花畑のラストシーンがとっても素敵でした。このページを見るだけでも、春を満喫できます。

    投稿日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい気持ちに

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    ふくざわゆみこさんの作品は、どれも大好きです。やはりこの本も期待を裏切らない温かみと優しさが溢れる親しみ易い絵本でした。仲間を思いやる気持ちを育むようなストーリー内容が、ふくざわさんの優しいタッチの絵にとてもマッチしていて、すっかりその世界にはまってしまいました。
    「春のあじ」、味わってみたくなりますね。

    投稿日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の仲間たち

    蜜蜂の家が崖から落ちそうなのを見て、助けを呼びにクマさんの家に走った心優しいヤマネ君。
    起きないクマさんに困って駆け回るヤマネ君の周りに集まってくる動物たちの姿が、ちょっとドキリとしてお話を読み違えてしまったのですが、実は森の仲間たちだったのですね。
    ふきのとうも可哀想で摘むことができないヤマネ君の優しさには、心暖まりました。
    「蜂蜜がたくさん」と勘違いして飛び起きたクマさんは、ユーモラスでした。
    ユル〜いお話でしたが、春が近づく季節の緩みのようで和める絵本でした。

    投稿日:2015/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の訪れ

    4年生の読み聞かせで
    「春を感じる本を」とのリクエストがあり
    この本を選んでみました。

    まさに「もうすぐ春だ」という風物詩を
    これでもかと詰め込んだような一冊です。
    ストーリーもとてもあたたかいもので
    ほのぼのします。
    雪景色から、春のれんげ畑になるラストは
    本当に「あぁ春が待ち遠しい」という気持ちが満開になりました。

    投稿日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット