ロングセラー
どんなにきみがすきだかあててごらん

どんなにきみがすきだかあててごらん(評論社)

世界中で愛されている絵本!まもなくかわいい続編が刊行されます!

  • かわいい
  • ギフト

さいごのこいぬなかなかよいと思う みんなの声

さいごのこいぬ 作・絵:フランク・アシュ
訳:ほしかわなつよ
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784887500709
評価スコア 4.18
評価ランキング 21,610
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 末っ子の気持ち

    末っ子ばかりかわいがる家もあれば、長男ばかりかわいがる家もあります。
    この絵本は、なかなかかわいがってもらえない末っ子の寂しさのようなものを感じました。
    末っ子は、なにをするにも最後になる。きっと、この子犬は、母犬からの愛も最後になっていたのでしょうね。
    最後に、他の人にもらわれていった最後の子犬ですが、やっと誰かの一番の犬になれたことがうれしいと伝わってきました。

    投稿日:2013/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後にホッとします

    最後の9匹目に産まれた子犬は、何をするのも最後。そして兄弟は次々と新しい飼い主の元へ行くのに、やっぱり最後まで残ってしまう…。何でも最後だった子犬が、男の子にとっては「さいしょのこいぬ」になりました。男の子の言葉がじーんと暖かく胸に響きます。きっと男の子は、さいしょのこいぬを大事にしてくれるでしょう。子供も「あー、良かった。」って言いました。別に「最後」だっていいんだよっていうメッセージを感じます。

    投稿日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • さいごはさいしょ

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    犬がわかりかけてきた娘によんであげました。
    沢山いる犬の中で、必ずなんでも最後になってしまう子犬。
    もらわれていくのも最後になって、そのあせるキモチが読むほうにも伝わってきます。
    なんだかちょっとかわいそうになりかけた時、無事男の子にもらわれていくのですが...。
    その男の子の最初の言葉で初めて、最後の子犬が最初の子犬になるというお話。
    最初って、気分がいいんですね。

    投稿日:2009/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • いぬもにんげんも同じだね

    • た〜ちさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子0歳

    とってもせつない気持ちだったけど、最後の最後ですごーく幸せな気持ちになりました。
    ツライ思いとか、悲しい思いをしてても、やっぱりいいことは訪れるんだなぁってしみじみ思っちゃいます。

    表紙では涙を流してるこいぬが、「さいしょのこいぬだよ」って言ってもらえて、笑顔になった場面は感動です!!

    末っ子も同じ気持ちな気がします
    犬も人間も本当に同じだと思った1冊です。
    ぜひ、末っ子の子に読んであげてみてください。

    投稿日:2007/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんてうれしい言葉!!

     最初は、なんてくらい子犬の物語なんだろうと思ったのですが、終わりに「さいごのこいぬ」を連れて帰った男の子の言葉に、こいぬだけじゃなくて私まで救われました。いつも最後ばかりだったつらさを知っているからこそ、この言葉はものすごくステキなこいぬへのプレゼントになったことでしょう。

     子どもたちはというと、最初のページのおかあさん犬が1匹ずつこいぬを生んでいる所で、おしりからでているのにびっくりしていました。(絵ではそう見えます)「うんちみたい。なんで?なんで?」と、ちょっとした性教育になってしまいました(笑)

    投稿日:2006/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • その気持ち何となく分かる

    最後になるのって誰でも悲しい。
    それは子供でも一緒です。
    息子の通っている保育園でも、早くご飯が食べられたら、お掃除を手伝えるとか色々あるようです。
    でも息子はいつも食事が遅くて、「今日もお掃除できなかったあ」とよくいっています。
    そんな息子は、この子犬の気持ちがちょっと分かるのかなあ。
    そんな雰囲気でした。
    でもあせるあまり色々な失敗をする子犬。
    そんな姿に、よく牛乳などをこぼしたり、食べ急ぐあまり口にたくさんいれすぎて気持ち悪くなっている息子の姿が重なった親です。
    など親子それぞれの立場で楽しめました。

    最初の出産シーンでは、子犬のうまれるシーンが結構リアルでそれがまた良かったです。

    投稿日:2006/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後・・・

    • さゆらぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    だれでも最後はやっぱりいやですよね。最後の一人になるととてもさみしくなります。このこいぬもそうでした。なにをしても最後です。最後になりたくないからと、いろんな動作をおこしますが、すべて逆に嫌われてやっぱりさいごの一匹になってしまいます。とてもかわいそうでしたが、最後につれていってくれた、そのこいぬの新しい飼い主が「ぼくにとって、さいしょの犬」っていってくれて、とてもうれしかったことでしょう。ほっとしました。

    投稿日:2006/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後って、誰でもイヤですよね〜。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    どちらかと言うと幼児向けでしょうか?
    兄弟の中で最後に生まれた9匹目の子犬は、何をするのも、兄弟で最後になってしまいます。
    そのうち、子犬達は他の家へもらわれることになり、いろいろな人たちが子犬達を選びにやってきました。
    9匹目の子犬は、選ばれることだけは最後になるまいと、奮闘するのですが、それがいつも裏目に出て、結局最後まで選ばれません。
    読んでいくと可愛そうになってきてしまいます。
    でも、最後は気持ちよく終わるんですよ。
    男の子の決め台詞が良かったですね。
    「きみは、ぼくのさいしょのこいぬだってこと」

    投稿日:2006/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット