もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

つるのおんがえし」 パパの声

つるのおんがえし 文:石崎 洋司
絵:水口 理恵子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年11月
ISBN:9784061325340
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,594
みんなの声 総数 35
「つるのおんがえし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「つるのおんがえし」というと、どうしても嫁になる娘の女性像と、鶴をたすけた男の所作が気になるのですが、このお話を読んでいて、心を羽でくすぐられるほどゾクゾクっとしてしまいました。
    なんと、あの『ラプンツェル』の水口さんの絵ではありませんか。
    絵は感性的な領域に踏み込んでしまって、ちょっと読み聞かせできないほどに動揺してしまいました。
    あの「つるのおんがえし」が、昔話からきらびやかでノスタルジックなロマンに変貌しています。
    若者像には孤独感はあるけれど、貧しさはあまり感じません。
    登場する殿様と大広間は、なんともめくるめく豪華さと鶴の気高さを組み込み、若者の住まいはひなびたたたずまい。
    鶴の嫁様は、その舞台の中で宝塚劇のように気高いのです。

    ウ〜ン!
    お父さんは参ってしまいました。
    水口理恵子さんの絵には魔力があります。

    投稿日:2012/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット