宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ゆうびんでーす!自信を持っておすすめしたい みんなの声

ゆうびんでーす! 作・絵:間瀬 なおかた
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784893256355
評価スコア 4.39
評価ランキング 11,550
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はるのお手紙

    2歳9ヶ月の息子に読んでやりました。郵便やさんが、山奥の山奥に一通の手紙を届ける様子を記したものです。目的の地にたどり着くまで、様々な動物に助けてもらい、最後にその手紙を読んであげるのです。なんと、春がやってきたという内容のその手紙は、読んであげることで森に春がやってくるんですよ!とてもステキなお話です。

    郵便やさんが中身を読むことはありませんが、もし読んでくれることがあったら、とてもステキな手紙を運んでいるのかも・・・と思えます。

    春先に読んであげるとオススメですよ。

    投稿日:2010/05/21

    参考になりました
    感謝
    4
  • 「春ですよーーーー!」

    郵便やさん、毎日ご苦労様です!

    お手紙が多い我が家では、本当にいつもお世話になっております。

    「ありがとうございます!」

    責任感の強い郵便やさんに、頭が下がります!

    森のお友達の優しさにとても癒されました。

    「山奥村郵便局」だから、大変さが想像できます。

    雪道で、バイクも滑ってしまうんではと心配しましたが、無事に、

    「ごろう」さんにお手紙が届いてよかったです。最後が、仕掛け絵本に

    なっていて嬉しくなります。

    とても温かい気持ちになれるし、優しい気持ちにもさせてもらえる絵本

    です。

    投稿日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雪山の山奥の村に ゆうびんやさん
    バイクに乗って お手紙運んでくれるゆうびんやさん  ご苦労さん!

    どんぐりやまの ごろうさんのおてがみ届けるんですが 雪山へ

    ゆうびんやさんは やさしいな〜
    なかなかわからなくて困っていると・・・・ 
    山の動物たちが 助けてくれるの
    みんな みんな やさしいな〜  
    かわうそ  うさぎ りす きつねさんたちとゆうびんやさんがやってきたのは おおぶなのきのねもと

    なかからでてくるのは だれかし?(おたのしみ!)

    ワクワクしてる 子供たちです

    「はるですよー!」   いいですね 春が待ち遠しいな〜

    共感できるんです

    ラストのゆうびんやさんのバイクの後ろ姿が なんともいいんです

    ほのぼのとした おはなしが 春を届けてくれましたよ!

    投稿日:2015/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の案内人

    この絵本には、かわいい動物の案内人がたくさん登場してきました!!うちの子もこのかわいい案内人をとってもかわいいって言って喜んで見ていました!!今は夏なのですが、この絵本を見ていたらなんだか涼しくなってよかったです。

    投稿日:2012/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかさをとどける

    娘は、「ゆうびんやさん」が大好き。
    ごんべえさんに およねさんに 手紙を届けた後、
    娘にも届けてあげたら、すごく嬉しそう♪

    最後に残った一通の手紙。
    長い長い住所の不思議な手紙。
    苦労していきついた先、
    手紙がもたらしたもの…。
    すごく感動したので、ここで内容を書きたくないです。
    何も知らないまま、この本を開いて欲しいなって思います。

    嬉しい自分あての手紙。
    雨の日も雪の日も、ちゃんと届けてくれるゆうびんやさん。
    手紙の内容を越えたあたたかさを運んでくれてるのかもなぁ、
    と思いました。

    投稿日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春のおしらせ

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    変わった住所のお手紙を見つけたゆうびんやさんが雪深い山の中へ届けにいくお話しです。

    時々出会う動物たちや手紙をもらうのは誰なんだろう?とわくわくして読み進めていきました。

    大きく開くページがあったり楽しいしかけもあり最後はとても楽しい気持ちになります。

    投稿日:2011/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 描写が素敵です

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    森の入り口から山奥までバイクで抜けて走るので
    風景の移り変わりを楽しむことができました。
    ゆうびんやさんが手紙を届ける相手は・・
    手紙の内容も、温かくなりますね。
    最後の言葉は大きな声で子供たちも叫んでいました。
    森の奥からこんな声が聞こえてきたら素敵だな〜
    と、思いました。

    投稿日:2009/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい仲間に助けられて…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    やまおく村のゆうびんやさん、今日も、配達をがんばっています。かばんの中に、一通のうすみどり色の不思議なお手紙が、残っていました。住所は、ゆうびんやさんも知らない所でしたが、どうぶつたちの案内で、お手紙を届けることになりました。
    一生懸命がんばっているゆうびんやさんを、そっと見守るどうぶつたちの優しさに、心が温かくなります。そんなどうぶつたちとのゆうびんやさんのふれあいも、忘れてはいけません。
    寒い冬に、温かさが舞い込み、みんなに届いた素敵なプレゼントは、読んでもらっている子どもたちにも、しっかりと伝わってくることでしょう。

    投稿日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のページが好きです♪

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    絵のかわいらしさに引かれて開きました。

    ゆうびんやさんが、動物達に教えられ、手紙を配達に・・・。
    私だったら、途中でくじけてしまいそうなところまで、ちゃんと行くゆうびんやさんに脱帽!

    子供たちの一番のお気に入りは、「はるですよー!」のところです。
    どの動物達もうれしそう。

    でも、私が一番好きなのは、最後のページ。
    配達の終わったゆうびんやさんが、帰っていくところ。
    すごくうれしそうなのが後姿でもわかります。

    投稿日:2006/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 責任感がテーマですね

    ゆうびんやさんがなんとか山奥まで手紙を届けようとするのがとてもステキです。一生懸命頑張っている人には必ず助けてくれる人が現れるということ、頑張ったら喜んでくれる人がいるということなど、子どもに絵本を通じて伝えることができると思います。うちの子も最後のセリフ「はるですよー」を大きな声で嬉しそうに言います。

    投稿日:2006/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット