新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

ママ、きょうからようちえんだよ!」 ママの声

ママ、きょうからようちえんだよ! 作:へウォン・ユン
訳:せな あいこ
出版社:トランスビュー
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年11月05日
ISBN:9784798701301
評価スコア 4
評価ランキング 24,134
みんなの声 総数 4
「ママ、きょうからようちえんだよ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    ようちえんに行くのは楽しみ!といった子供と大丈夫かしらと不安なおかあさん。
    たしかに楽しみもあれば不安もありますよね。
    その心情が親子の姿に現れているのがおもしろかったです。
    こどもは元気で大きく明るく描かれ、おかあさんは小さく青く描かれ。そのまた逆もあったりして。
    悪い本ではないと思うのですが、うちの子の受けはなぜかいまいちでした。まあ好みは人それぞれですしね。

    投稿日:2018/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子を思うママ

    この春から保育園に行くことになった息子のために

    読みました。

    が、息子のためにというか、この絵本はママの気持ちが

    とっても織り込まれています。

    心配するママの気持ちとは逆で

    とっても頼もしい男の子。

    子供はいつのまにか、大きく成長していくものですね。

    この絵本はママにオススメです。

    ホッとすると思います。

    投稿日:2013/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママの気持ち中心の絵本

    3歳次女が4月から幼稚園なので、借りてきました。次女は「ママと離れたくない」と言っていて、ちょっと幼稚園が楽しみになればなあという気持ちで借りてきたのですが、この絵本では幼稚園を楽しみにしている男の子と心配なママのお話で、うちとは逆でした(笑)今長女が5歳で4月から年長さんになりますが、とっても心配していたことを思い出しました。長女の場合は楽しみに、「行って来ます」と幼稚園バスに乗り込んであっけなかったことを思い出しました。

    この絵本が面白かったのは、心配するママがママの気持ちによって小さく描かれていたり、顔色悪く描かれていたりしていたとこです。次女は「ママ小さいね」と言っていましたが。ママの気持ちがよく描かれている絵本です。

    投稿日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット