新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ

だれのあしあとふつうだと思う みんなの声

だれのあしあと 作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2008年10月
ISBN:9784477019826
評価スコア 4.49
評価ランキング 10,420
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1〜2歳向きですね。

    • 向日葵ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    うしろにいるのだあれ の作者です。
    今度の絵本は、ゆきについた足あとをみつけて
    ”あれっ だれの あしあと”
    と次々に動物が登場します。

    雪が舞台のお話ですが、内容はとても暖かいです。

    うちの息子は3歳ということもあり、お母さんが最後に出てくるまでは、動物が次々にでてくるだけなので、足跡が誰のものかわかったあとは、繰り返して読んでほしそうにはしませんでした。
    でも、足跡に視点をあてた絵本てなかなかないので、
    ”へぇ〜〜〜”といった様子でした。
    3歳には、足跡という観点はとても興味をもった様子でしたけれど、内容的には簡単すぎたようです。
    1〜2歳代の子向きですね。

    うしろにいるのだあれ とやはり似てはいますが、そのシリーズを買い集めるよりも、
    どうせなら、こちらを買うほうが、楽しめるかなぁと思います。

    でも、足あとで、あてっこするのはちょっと難しい。^^;

    投稿日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット