どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

だいすき、でも、でもね」 ママの声

だいすき、でも、でもね 文:二宮 由紀子
絵:市居 みか
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年11月30日
ISBN:9784580821811
評価スコア 4.35
評価ランキング 12,528
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 意外なラスト

    片思いにつぐ、片思い。

    まいちゃんはねこのバニラが好き。
    でも、バニラはクッションが好き。
    でも、クッションは、掃除機が好き。と続いて行きます。
    途中、おっと思わず声が出てしまうものも登場!しかも飛ぶ!
    子どもは「わー!」と笑いながら見ていました。

    終わり方も大人にとっては意外です。
    昔話のねずみの嫁入りのように、ぐるっとまわって最初に戻ってきて
    大好きと言ってもらえるのかと思いきや・・・。
    まいちゃんも誰かに大好きと言ってもらえるのかなと少しさみしく思いましたが
    最後のページの家族だんらんの絵を見れば、
    きっと冷蔵庫の好きなゆうくんはお姉ちゃんが大好きですね。
    温かみのある絵がそう思わせてくれます。

    想像力が広がる面白い絵本でした。

    投稿日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどんつながる

     だいすきなものが、どんどんつながっていくゲームのようなお話が、たのしかったです。好きなもの、どんどん広がっていきます
     けれど、黒い「ゴ」がキッチンを飛んでいる場面には、、、ぞぞっとしていまいました。
     
     ほのぼのした色合いで描かれた、やわらかいタッチの絵がよかったです。いきいきした文章も楽しくて、笑いながら読みました
     

    投稿日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後が好みでない

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    女の子から始まり、○○は△△が好き→△△は□□が好き→□□は…という感じにお話が進みます。オチは最初の女の子にもどってくるのだろうなーと予想しながら読みました。その予想は当たってはいたのですが、ラストが女の子のことをだいきらい!という形で終わっていたのであまり好みではありませんでした。個人的にはやはり好き!でしめてもらったほうがよかったです。まあいろいろなパターンがあっていいのだとは思いますが。

    投稿日:2015/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • おかしき片思い

    おねえちゃんのまいちゃんと、小さなゆうくんが暮らすおうち。
    その中に住む人と物達の好きなもの、嫌いなものが順番に描かれていて一風変わったお話だなと思いました。

    「○○は××が大好き。でも、××は△△が大好き……」
    という繰り返しで終始お話は進んでいきます。
    そのほとんどが片思い、というのところがおかしかったです。
    それぞれの好きなものに「なるほどなぁ」と納得させられたり、「ええっ、そうなの!?」と驚かされたり。
    中でも赤いスリッパの好きなものには、ちょっとひいちゃいました(笑)
    片思いの相手が誰なのか、想像できますか?
    答えは読んでみてからのお楽しみです。

    投稿日:2013/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストはさすが!

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    ユニークな発想が愉快な『ものすごくおおきなプリンのうえで』の二宮由紀子さんの
    作品ということでセレクト。
    ほら、題名から曲者でしょう?
    まいちゃんは子猫のバニラが大好きなのですが、
    バニラはソファのクッションが大好き・・・。
    と連鎖的につながるストーリー。
    大好きつながりのラインナップが、最初はいいのですが、
    そこは二宮さん。
    掃除機やらゴキブリまで登場します!
    予想通り、最後には大好きつながりでまいちゃんも登場!
    とならないのが絶妙です。
    やはり、その発想に脱帽です。
    市居みかさんの絵も、その世界に負けじと、なかなかの造形です。
    要領がわかったら、親子で、オリジナルの「だいすき、でも、でもね」バージョンを
    作ってみるのもいいかもしれませんね。

    投稿日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ちびくろ・さんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット