まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

だいすき、でも、でもね」 じいじ・ばあばの声

だいすき、でも、でもね 文:二宮 由紀子
絵:市居 みか
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年11月30日
ISBN:9784580821811
評価スコア 4.35
評価ランキング 12,455
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だいすきと だいきらい

    自分が好きだと思っていること、
    必ずしも相手も自分が好きだとは限らず、
    また ちがったものが好きという
    大人で言えば価値観のちがいを
    絵本らしく
    身近なもの 生活の中にあるもので
    表現されているように思いました。

    好きな理由、嫌いな理由も
    それなりにわかりやすいです。
    実際がそうであるかどうかは別として。

    ゴキブリが出てきたのにはビックリ。
    誰しも嫌いなはずと思いきや、
    赤いスリッパは ゴキブリに会えるのがいいという。

    絵本ならば
    最後は「だいすき」で締めくくられるのかと思えば、
    冷蔵庫の気持ちは
    あけて中身を見せびらかしたいという。

    「なんで?」
    普通はそうじゃないよね。。と思いたいけど、
    もしかして そういう見方、考え方、気持ち、
    意外なことがあるかもしれない。

    人間同士なら
    「だいきらい」という言葉は相手に使いたくないけれど、
    常識、非常識にとらわれず、
    相手の気持ち、考え、立場を考えることも
    大切だな。。と、
    今回は絵本でありながら
    そんな感想を持ちました。

    投稿日:2015/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • だいすき、だいすき、だあいすき

    とっても楽しく読みました。
    おおきな声で読むほうが楽しいことがおこります。
    とちゅうで「もう一回」と、同じ場面を読むことだってあるでしょう。
    「よーし」と、もっとおおこな声にしたり、小さく小さく読んでみたりするのもいいかもしれません。
    ゴキブリさんだってお仲間ですよ。
    毛嫌いばかりしないでいたいけれど、飛んでる姿はガマンできないかも。
    そんなときこそ、楽しくなるように、さあて、どう読めばいいかな、、、

    投稿日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な色彩で気に入ってます

    全頁試し読みで読みました。次から次に大好きゲームみたいで進んでいくのはいいのですが、ちょっとラストが思っていなかった大嫌いで終わったのが残念だったし、気になってます。でも弟のゆうくんのことを冷蔵庫が好きと言ってくれているので、おねえちゃんであるまいちゃんは、きっと「しかたないか」って譲ってくれていると思いました。絵が凄く素敵な色彩で気に入ってます。

    投稿日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ちびくろ・さんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

全ページためしよみ
年齢別絵本セット