しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

雉女房」 ママの声

雉女房 作:村山 亜土
絵:柚木 沙弥郎
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2012年11月25日
ISBN:9784579404537
評価スコア 3.67
評価ランキング 39,148
みんなの声 総数 5
「雉女房」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 奥深いです。

    このお話は、日本昔話なのでしょうか、民話なのでしょうか。
    親の大人の私もはじめて知ったお話です。
    自己犠牲感も感じられる悲しいお話ですが、愛するもののために何ができるのか、本当に大切なこととは何か、奥が深い絵本に思いました。
    年齢が高くなればなるほどいろいろこの絵本から感じられるかも知れませんね。

    投稿日:2019/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命をかけて

     舞台劇からのお話がもとになっているそうです。
     命をたすけてもらった雉が、男のお嫁さんになります。そして命をかけて男を救う、雉女房のせつない気持ちにしみじみしました。
     いっぽうのへびは、女性の怖さを感じます。
     舞台で見たら、迫力がありそうですね。
     
     お話の内容も、ちょっと抽象的な絵も、大人向けの絵本かなと思いました

    投稿日:2014/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「夕鶴」と似てますが、こちらは「雉」です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    柚木沙弥郎さんの絵は嫌いではありませんが、この作品で彼の絵は、ちょっとシュールかな〜と、いう気がしました。
    ただ、柚木さんが作品を取り上げて描かなければ、この絵本はできていないことを想うと、こういう表現もありかな?とも思います。

    原作は劇団「火の木の会」の舞台台本で、解説を見るとその後朝日放送で「恋愛風土記」として放送されたそうです。
    内容は「夕鶴」とほぼ同じです。
    このお話で恩を感じて女房になるのは「雉」で、ラストシーンはこちらの方が断然夫婦愛を感じましたね〜。
    大切な夫の危機を感じた「おきじ」が物と姿になり、荒れ寺の古い釣り鐘に自らの体を打ち付けて死んでゆくシーンは感動的でした。

    物語は素晴らしいお話ですが、何分夫婦愛であることと、柚木さんの絵を楽しんで見ることのできる年齢となると、少々大きくなってからの方がよさそうです。
    中学生・高校生くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?

    投稿日:2013/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 舞台劇より

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    舞台劇として書かれた原作から絵本化された作品。
    そのため、文章も舞台を彷彿させますし、言い回しも舞台仕様ですので、
    戯曲が読みこなせる年齢以上が対象になると思います。
    因幡の国の百姓の源太は、ある日、蛇に襲われた雉を助けるのです。
    その後、源太の家におキジという娘が現れ、一緒になりたいと申し出ます。
    そして幸せな日々が過ぎますが、ある日、町に買い物に出かけた源太は
    蛇の化身に殺されかけるのです。
    ところが、すんでのところで、おキジが源太を助けます。
    鶴の恩返しや娘道成寺のようなストーリーです。
    舞台劇らしく、憎悪や大いなる愛のエネルギーを感じます。
    柚木さんの絵は、舞台で展開する劇の迫力を感じさせてくれます。
    文章と絵が渾然と一体になってこそ生まれてくるストーリーだと思います。
    重厚な作品でした。

    投稿日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット