あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

トリケラとしょかん」 その他の方の声

トリケラとしょかん 作:五十嵐 美和子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年03月14日
ISBN:9784592761624
評価スコア 4.18
評価ランキング 18,807
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 試し読みさせてもらいました

    まず トリケラトプスという7000万年〜6500万年まえの白亜紀後期に植物を食べていた 恐竜だということを知りました
    女の子が リュックがびしょぬれで入ったところが なんとトリケラ図書館だったのですね

    なかなか 近代的でかわいい図書館ですね
    恐竜たちもみんな 本が好きで、勉強しているのが おもしろい発想です
    トリケラトプスたちは何も話さないのですが・・・恐竜たちの言葉もあったらおもしろいかも(話を聞いてみたいなあ)

    すごく興味深い図書館 いってみたいな〜  おんなのこは特別に許されていたのですね

    そてにしても 羨ましい 図書館です
     
    にじがすごくきれいでこんな地球のすばらしい時代があったんだな〜

    女の子のリュックを届けてくれるなんて
    タイムスリップした女の子は 幸運の持ち主ですね!

    おもしろかったです

    投稿日:2013/04/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわくします☆

    雨の中迷い込んだのはトリケラトプスの図書館。
    まわりは赤いトリケラトプスだらけ。

    女の子は気にせずにいろいろ観察しながらずんずん探検します。

    本だけじゃなくてアンモナイトなどの展示が興味をそそります。

    トリケラ語だから読めないけど、本を借ります。

    忘れたリュックをトリケラトプスが届けてくれます。

    お互いの距離感が面白いなんともいえない不思議な世界でした。

    投稿日:2014/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • マイペースな女の子が可愛い

    嵐の日に、偶然見つけたこの場所は・・・
    トリケラとしょかん!!

    図書館の中は、真っ赤なトリケラたちでいっぱいです。

    主人公の女の子とは、大きさにかなりの差があるのですが
    (トリケラトプスですからね)

    そして館内のものは すべてトリケラサイズに作られているので、
    階段を上るのも一苦労だと思うのですが、

    それでも動じず、至ってマイペースな女の子が可愛い。

    キュートなイラストに、親しみやすさを感じます。


    裏表紙に 館内の図面が描かれているところも、
    遊びごころがあって嬉しいです。

    投稿日:2013/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット