ぼく、まってるから」 その他の方の声

ぼく、まってるから 作:正岡 慧子
絵:おぐら ひろかず
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年02月
ISBN:9784577040690
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,224
みんなの声 総数 18
「ぼく、まってるから」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お互いの思いやりの気持ち

    「全ページ試し読み」で
    楽しませていただきました

    ピンクの紅の梅や桃、桜は
    もちろんですが
    一面の黄色の菜の花
    ほんと、待ち遠しい気持ちを
    きれいに表してくれています
    いいですね

    それと、くまくんを思うねずみくん
    ねずみくんを思うくまさんが
    とっても素敵でいいんです

    大好きだからこそ
    そのお友達にどうしたら
    喜んでもらえるか
    いっしょに、どう楽しんでいくか
    なんですよね
    それには、「待つ」ことも大事です

    種をまきながら
    つぶやく姿のいじらしいこと

    自分とは違うことをまずはわかること
    そして「待つ」をしたから
    なおのこと
    嬉しさ倍増ですよね

    仲良しさんがとっても羨ましいです

    投稿日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねずみくんのように

    長い冬から目覚めるくまくんを待つねずみくん。絵も可愛らしく、心あたたまるお話です。そして、深いお話です。
    どんなに仲の良い友だちでも、みんな生き方はちがう。ちがって当然。時には調子の悪い時もあるし、長く休みたいときもある。その間、ねずみくんのように待ちたいし、また、待ってもらえればいいなと思いました。

    投稿日:2015/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんとくまくんはばったりであって友達になりました
    ねずみくんは、野菜を作るのが得意 くまくんは魚を捕まえるのが得意
    お互いに 優しい心のステキなお友達に くまくんは冬になるとねむります 春まで冬眠するのです

    ねずみくんは さびしい思いで 春を待ちます
    くまくんが 目を覚ましたときに 大好きな菜の花のたねをまいてまっています(こんな友情 うらやましいですね!)

    くまくんも 大好きなねずみくんの夢を見て あいたい思いを募らせています
    お互いの 優しさがなんともいえないですね

    二人は春に菜の花のいっぱい咲いたところで 幸せいっぱい  出会いました

    春の 菜の花の香りが漂うような ステキなお話でした

    投稿日:2015/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心あたたまる友情

    ふんわりとした色合いで、
    心あたたまる友情が描かれています。

    春夏秋冬、それぞれの描写がとてもきれいで、
    大人でも楽しく読むことができました。

    いつも近くにいる人を思いやること。
    その人に、喜んでもらいたいと思うこと。

    どうしても忘れがちですが、
    その「想う」気持ちが大切なんだと
    気づかせてくれる絵本です。

    投稿日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / キャベツくん / よるくま / いいこってどんなこ? / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット