新刊
こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン

こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン(学研)

類書中最多掲載!ファーストずかんとして最適な1冊!!

  • 学べる
  • 役立つ
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
魔女がいっぱい

魔女がいっぱい(評論社)

この冬話題の映画「魔女がいっぱい」の原作本です!

  • びっくり
  • その他

ゴナンとかいぶつ モンゴルの昔話より」 みんなの声

ゴナンとかいぶつ モンゴルの昔話より 文:イチンノロブ・ガンバートル
絵:バーサンスレン・ボロルマー
訳:津田 紀子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2013年03月
ISBN:9784033285801
評価スコア 4.13
評価ランキング 22,773
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 運慶?

    表紙の、かいぶつの絵が、とても印象的なモンゴルの昔話の絵本です。三つ目の青い顔のかいぶつは、まるで俵屋宗達の龍神雷神?または、東大寺南大門の金剛力士像に何だか似ていて、日本人にもなじみのある鬼?神?の形のようです。とても面白いお話です。

    投稿日:2019/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルの草原で暮らす人々に伝えられている 昔話です

    日本の桃太郎のようなお話ですね

    マンガスという怪物が 村を襲い 牛や羊や大切な宝物を奪うのです

    子どものゴナンは モンゴス退治に出かけます 
    おじいさんから白い馬をもらい それに乗っていくのです 
    勇敢なゴナンを 白い馬が助けてくれるのです

    難関を突破するところ  切り開いていくのです

    なんだか 勇気をもらえそうです
    マンガスは 三つの顔を持った 怪物
    何となく 間が抜けていて 笑えるところがあります

    相撲を三日三晩取るところは 迫力あります
    ここで 白い馬が 知恵を授けてくれるのです

    なんとも おもしろい マンガスです   

    勇敢なゴナンは 村をすくうのです  
    めでたしめでたし    モンゴルの昔話も 日本の昔話とよくにているなあと思いました

    投稿日:2019/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルの昔話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    モンゴルの昔話。
    初めて読むお話でした。
    世界のお話もいろいろあって読み始めるとおもしろいですね。
    気は優しくて力持ちなゴナンが怪物退治に行くお話です。
    ですが、力だけでは…さあどうなる!?と楽しく読めました。

    投稿日:2017/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ももたろうに似てるね

    モンゴルの昔話ということで、昔話好きの7歳の娘と4歳の息子と一緒に読みました。
    力持ちの男の子ゴナンが、町を襲うかいぶつマンガスを退治しにいくおはなしです。ももたろうのお話に似てるなと思いながら読み進めました。
    でもカラフルな挿し絵にとても雰囲気があり、日本の昔話とはひと味違った魅力もあります。
    ゴナンとマンガスは、最後にすもうで闘うことになります。こんなところでモンゴル相撲と出会えるなんて、なんだかとてもうれしかったです。
    子どもたちも昔話らしい結末に、大満足していました。

    投稿日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールが大きい

    モンゴルのお話を探していて見つけました。

    大変な力持ちのゴナンと、怪物マンガス。
    白い馬に乗ってマンガス退治に出かけるゴナン。
    白い馬ってところが、モンゴルを感じるのは私だけでしょうか。
    マンガスの弱点が背中の痣で
    それを押すと力が向けて飛んでいく様子を見て
    聞いていた娘が「空気抜けちゃったの?」ときいたのには笑いました。

    ラストを知ってからもう一度怪物のマンガスの表情を見ると
    なんとなくユーモラスに感じてしまう・・。
    不思議な魅力のある一冊です。

    投稿日:2014/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴル版ももたろう?

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    怪物が大好きな5歳の息子に読みました。

    モンゴルの昔話だそうです。少年ゴナンが、村を襲う三つ目の怪物マンガスと戦う話です。海、山を超えてはるばるマンガスの住処にたどり着き、すもうをとります。

    絵がエキゾチックで魅力あります。モンゴル版ももたろうという印象を受けました。結構長い話ですが、格好良くていいです。

    投稿日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルの小さな英雄のお話です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    モンゴルの昔話とはいえ、そこはやはり、陸続きで繋がっているせいか、中国の昔話にも似たようなお話があったよな〜とか、思いながら読みました。

    マンガスという名の怪物には頭が3つあるうえにその1つ1つの顔の中に3つの大きな目玉があるというヤツで、
    表紙の絵から結構な迫力がありました。
    (でも、こういう怪物って、得てしておつむの方はあまりよろしくない場合が多いんですよね)
    ゴナンとマンガスとの戦いのシーンもなかなか見応えがありましたが、
    お話にはそのマンガズを倒すためのゴナンの旅路の部分も結構時間をかけて丁寧に描いてありました。

    作者イチンノブ・ガンバートルと絵を担当しているバーサンスレン・ボロルマーさんは大学の同級生で、
    共同で絵本を作られているうえ、今ではご夫婦だそうです。
    (いつからご夫婦かまでは記載がありませんでしたが)
    しかもこのお二人、2008年に来日、現在は埼玉県に住んでいらっしゃるとか!

    男の子の冒険・英雄伝なので、動きのあるカッコいいお話が好きなお子さんには特にお薦めです。
    絵ははっきりしていて遠目も利くので、
    高学年向けの読み聞かせなどにもお薦めです。

    投稿日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット