しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ペネロペ ようちえんへいく」 じいじ・ばあばの声

ペネロペ ようちえんへいく 文:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,100+税
発行日:2004年09月30日
ISBN:9784265058839
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,335
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しいしかけ絵本です

    ペネロペが、幼稚園に行きます。
    このシリーズは、ていねいな仕掛けが満載で感心します。
    幼稚園では、脱ぎ捨てたコートをかけてあげるところから始まるので
    ペネロペの手助けをしている気分ですね。
    色を混ぜ合わせるときに刷毛の色と塗った色が変わる仕掛けも、
    とても面白いです。
    お絵かきや運動やダンスをする幼稚園の一日が描かれています。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペネロペ

    ペネロペが幼稚園で過ごす楽しい様子が伝わってくるので、幼稚園って楽しいところなんだと思えるからいいなあって思いました。やっぱり絵の具ってやりたいと思うし、からだを動かすのが大好きな孫たちは踊りが魅力だと感じました。絵の色彩が綺麗なのでペネロペの絵本は好きです。しかけもあって嬉しいです。

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • これならできる

     4歳孫娘、ペネロペの新聞広告をみての注文。
     少々、遅かったかなと思いつつ、とうとう「しかけ」5冊、「おはなし」1冊を購入してしまいしました。
     それぞれストーリーが単純だからでしょうか、さすがに繰り返し楽しむ程にはいきませんでした。
     しかし、ペネロペをはじめとする絵柄やストーリーの優しさ、単純さ、親近感などからか、あるいは、しかけの楽しみが創作意欲を引き出したのでしょうか。
     これならできるとばかり、自分流「ペネロペようちえんへいく」のえほんづくりを始めました。
     そう、話の中身は、自分自身の保育園生活を下敷きに。

    掲載日:2007/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット