Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版の試し読みができます!
作・絵: 島田 ゆか 訳: クリストファー・ベルトン  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
英語でバムとケロの世界を楽しもう!

ぴょーん」 その他の方の声

ぴょーん 作・絵:まつおか たつひで
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784591064764
評価スコア 4.75
評価ランキング 709
みんなの声 総数 287
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃんのファースト絵本といったところかな。

    6歳になる寝ているとき天使、起きているとき悪魔の顔を持つ姪っ子は、絵本を読むのが好きです。

    家に6歳の男の子がくるのですが、その下に2歳になる男の子がいて、その子にぴょーんのようなファースト絵本を読んであげていると聞きます。

    姪っ子も、ときどきあーちゃん(私のことをあーちゃんと呼びます)にこのぴょーんを読んでもらって、かえるがはねるのをまねしたり、ねこ、いぬ、ばったがはねるのをまねします。そしてかたつむりのところまでくるとできませんでしたと笑います。

    姪っ子にはまだ下の妹も弟もいないけど、もしできたら、ママみたいに本を読ませてあげて、一緒に本を読みながら遊ぶと思います。

    投稿日:2007/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぴょーんという響き

    かえるが、こねこが、いぬが、バッタが、みーんなぴょーん。
    では かたつむりは!?

    それぞれの跳ぶ前の表情、跳んでいる時の表情、その微妙な変化にもご注目。
    「ジャンプ!」ではなくて「ぴょーん」という響きがなんともいえず可愛らしいですね。
    一緒に跳びはねたくなります。

    投稿日:2014/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像以上に

    いろんな生き物のジャンプする様子が、想像以上に
    ものすごい勢いで躍動的なジャンプで描かれていて面白いです。
    「え!こんなに!」という飛びっぷりに、大人も思わず大笑いしてしまいます。子どもと一緒にノリノリで動きをつけながらジャンプのページを楽しむことをお勧めします。
    体を動かしながら楽しめるので、パパやおじいちゃんにもとても読みやすい絵本です。

    投稿日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャンプ!!

    おかあさんの膝で見ていると、「ぴょーん」で
    子どもさんをおかあさんが一緒に「ぴょーん」と
    高く抱き上げて、その時の子どもたちの嬉しそうな
    表情は素晴らしい! 親子のふれあいにはぴったり。

    もう少し大きな子どもたちは、「ぴょーん」で
    一緒にジャンプ! みんなが一緒にジャンプは、
    すごいですよ。 

    大型絵本で読むと、迫力満点でもっともっと
    ジャンプしたくなるみたい。

    投稿日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園の 4さい児さんに 大型絵本でを二人で読みました。
    子どもたちは ワクワクして楽しんで見てくれました。

    もう一回読んで、2回目は、子どもたちも のりのりです!

    カエル バッタ ニワトリの親子 トビウオと、みんなも、ぴょーんと跳び跳ねて 大喜びでした。
    かたつむりさんは 跳べない・・・
    どんな表現して、かたつむりになってくれるかな?

    子どもたちは 動くのが大好きなんですね。
    身体がはずむと なんだか心が楽しくなるんです。

    みんなで楽しんで遊んでみてください!

    大人も子供から元気をもらえる絵本です。

    おすすめの 絵本で〜す!

    投稿日:2007/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3ヵ月の孫が絵を追っている

    読み語りのボランティアをしている私が、初孫に送った何冊かの絵本のうち、最もよく見ていたのが、この絵本です。「ぴょーん」と言ってページをめくるたびに文字ではなく絵をしっかりとらえてじっと見ます。はっきりした生き物の絵と「ぴょーん」の動きある文字と跳ねた線がようやくものを見始めた目にきっと興味あるものとして映っているのでしょう。「おしまい」と言って絵本を視野からはずすと泣いてもっと読んでとおねだりです。新米おばあちゃんは、慌ててまた読んであげます。

    投稿日:2006/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(287人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット