いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

当世落語絵本 母恋いくらげなかなかよいと思う みんなの声

当世落語絵本 母恋いくらげ 原作:柳家 喬太郎
文・絵:大島 妙子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年03月
ISBN:9784652200094
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,259
みんなの声 総数 49
「当世落語絵本 母恋いくらげ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なるほど〜

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    くらげが主人公のお話って珍しいですよね。
    くらげのくらのすけがのみかんの皮をお母さんくらげと間違えるとは・・・
    確かに形が似ているかも!?
    最後のオチにくすっ、なるほど〜(笑)
    巻末のくらのすけの子守唄のメロディーが知りたくなりました。
    ほっこりリラックスできる絵とストーリーに癒されました。

    投稿日:2015/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 落語です

    くらげがテーマのお話です。

    タイトルに漢字が入っているとどうも硬いというか、

    難しいお話なのかなと感じてしまいますが、

    そんなことはありません。

    落語家さんが3個テーマをもらっての自作だそうです。

    みかん、電気、水たまり、、ここからこの話が

    生まれたそうです。

    くらげが出てくるお話って、あんまり読んだことないかも

    しれません。電気クラゲの強いイメージが

    払拭できてよかったと思います。

    投稿日:2016/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し難しいかと思いましたが

    4才の親戚の子と読みました。
    少し難しいかな…と思いながら読み進めましたが、
    内容を理解していたようです。
    文字が多めなので、自分で物語を読める年齢のお子さん向けかとは思いますが、
    文章を少し省略するなど工夫をすれば、小さなお子さんでも楽しめる内容だと思います。

    投稿日:2015/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチがいい!

    当たり前のことなんだけれども、海には海の、空には空の、陸には陸の命の営みがあるんだなとしみじみと感じさせられる話でした。海の中にもコミュニティがあって、海デビューなんて、なんだか微笑ましかったです。でも、ミカンの皮と大好きなおっかさんを間違えるかい?! そりゃないだろう... ま、でも、一皮剥けたのですから、めでたしめでたしかな?!

    投稿日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お後がよろしいようで

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     海のなかのくらしにも、泣いたり笑ったり、いろんなドラマがある
    そんな枕に、「海デビュー」という気取ったことばは似合わない。
    クラゲのくらのすけのそれが、いきなり大冒険となるはなしだ。
    それも、くらのすけとおっかさんの絆がテーマ。
    父親を、どうしてやろうかと、考えた私である。

     落語は概して、はなしが長い。
    このえほんはだから、場面の展開が早く作られている。
    海の中、黒い雲、渦巻く波、あっという間に
    浜辺に打ち上げられるクラボウ。
    場面の変化が早いからこそ、ハラハラ、ドキドキする。

     浜辺の溜まり水の中、たった一皮のみかんの皮とクラボウ。
    遠足バスの窓から、マナー知らずにも放り投げられた、その皮。
    みかんの皮は、母の何と似ていたのかなぁ…?
    クラボウはひょっとして臨死体験、したのかなぁ?
    このえほんのなかで一番、想像をめぐらせた場面でした。

     そのみかんの皮が、先の母子の絆の強さを示す噺のオチになる。
    めでたしめでたし、パチパチパチ。
    そしてもうひとつ、えほんのオチが待ってたよ、裏表紙に。
    このえほんの真の噺家は・・・。

     父親(私)には、かないっこないなぁ…
    クラゲだけに、水に母はつきものですから。
    お後がよろしいようで。
    感謝

    投稿日:2015/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  •  今の子って噺家さんの落語と出会わないのです。そういうテレビ番組も少ないし、ましてや寄席なんて近所にないし・・・ 
    オチも分かるかな・・・オチを説明しなければならないなんて嫌ですからね。なんて心配しながらも、この本はタイトルに惹かれて手に取り、読み聞かせにどうかなっと思って下読みしました。
     海の中も同じような泣き笑いがあって、子を思う母、母を思う子がいるのかもしれませんね。
     おっかさんなどことばも面白く、リズムよく、みかんの皮をおっかさんと思うなんてユニークで楽しめました。そしてくらのすけを応援したくなりました。子ども達にも紹介したいです。

    投稿日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママを守る子供の勇敢さ

    母くらげとはぐれて、一人でさみしい子くらげ。

    バス遠足で中村くんが捨てたみかんの皮にもぐりこんで寝てしまいます。

    でも、良い子が告げ口して、中村くんがみかんを拾いに来ます。

    そこでみかんの皮を母と思い込んで守るために力を入れる子くらげ。

    なんと、電気くらげでした。

    最後はかめが助けにきてくれます。

    ほのぼのしていて、頑張る顔、泣く顔など、かわいらしくてキュンとしました。自立の物語でもありますね。

    投稿日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おっかさんとはぐれたくらのすけ、悪い子の中村くんが捨てたみかんの皮をおっかさんのように思って中に入ってみたりします。あやうくさらわれそうになりますが、うまく電気を出して守ります。

    ほのぼのする、なんだか懐かしい感じの絵本でした。

    なくくらのすけもかわいい。勇気を出すところもかっこいい。

    子供も面白がっていました。

    投稿日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい冒険

    4歳の息子と読みました。
    長いかと思っていましたが、文章も長くないし、物語も理解しやすく、
    表情が豊かな楽しい絵で、面白かったみたい。
    特に海の中のイラストは必見です。
    遠足バスが登場するなど、現代的な要素もたくさん入ってくるので、
    身近に感じられます。

    息子は、みかんの皮をくらのすけがおっかさんと間違えたところに
    大笑いしていました。
    また、かめぞうさんが、みかんの皮を帽子のようにかぶっていたところも
    楽しんでいました。

    いい冒険だったね。

    投稿日:2015/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語を絵本に!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    全ページためし読みで読みました。

    落語を絵本にしたいうので、難しかったり、読みにくかったりするのかなと思ったのですが、とっても読みやすい。
    これなら2歳の息子でも楽しんで読めそうです。
    ただ、オチが分かるのはもう少し大きくなってからかな。

    投稿日:2015/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / チリとチリリ / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット