アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ミルキー杉山のあなたも名探偵15 しあわせなら名探偵」 ママの声

ミルキー杉山のあなたも名探偵15 しあわせなら名探偵 作:杉山 亮
絵:中川大輔
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2013年05月27日
ISBN:9784033453804
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,483
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆうれいタクシー

    このシリーズは、いつも大体3話くらいのお話が
    入っているのですが、今回のお気に入りは
    「ゆうれいタクシー」でした!!
    謎自体はけっこう難しかったのですが。簡単に
    とけてしまうものよりも、よかったみたいです。
    いつも目をきらきらさせながら聞いている娘が
    かわいいです(笑)♪

    投稿日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み応え十分!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    8歳の息子と読みました。

    今回は息子が一人で先に読み、
    その後数日して、私と一緒に読むというパターンに。

    4編の短編がつまった一冊で、
    結構読み応えも十分。
    息子は、「この話は自分で解いたよ!」
    「これは分からなかった。」
    「この話はこの部分で犯人が分かった!」と、
    ネタバレしない程度に私を挑発してきます。

    なんだか読む度にカンが冴えてくるのか、
    それとも作者の杉山さん&主人公のミルキー杉山の手口に
    慣れてくるのか・・・
    微妙なところですが、
    なぞときにかすかな手ごたえを感じた一冊でした☆

    投稿日:2015/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    最近6歳の長男が一人で読み進めているシリーズです。

    「恋のきめてはハ・ハ・ハ」は、どちらかというと大人の読者の方が受けそうです。「オールドフィンガー登場」はベタな推理ですが、絵をよく見るとわかるので子供達が楽しめそうです。

    ミス・ラビットはいつもスマートで格好良いのですが、今回の「パンダ VS ミス・ラビット」は、子供達の勝利でよかったです。

    テンポよく読めて楽しめます。

    投稿日:2015/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こだまちゃん、ひかりちゃん、のぞみちゃん

    小学校4年生の娘がこのシリーズの大ファンで、1作目から全作読んでいます。
    今回は4つの事件をミルキーが解決します。
    娘は2つめの「ゆうれいタクシー」というお話が面白かったよう。こだまちゃん、ひかりちゃん、のぞみちゃんのイタズラがかわいかったと言っていました。「しかもこだま、ひかり、のぞみだよ。新幹線じゃん」と、うれしそうでした。

    投稿日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット