新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ

おやゆびひめ」 その他の方の声

おやゆびひめ 作:立原 えりか
絵:いわさき ちひろ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784062667814
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,292
みんなの声 総数 16
「おやゆびひめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おやゆびひめ

    もう十数年読んだ覚えのない「おやゆびひめ」。
    いわさきちひろさんのイラスト見たさに借りてみたのですが、
    小さい頃夢中になって読んだ記憶が蘇ってきて、とても懐かしい
    気持ちになれました。
    おやゆびひめがお皿の海に浮かべた花びらのふねで遊んだり、
    すみれのふとんで眠る、という部分は小さい頃憧れたものです♪
    「そうそう、そうだった!」って声を出したくなります。
    たまにはこういった定番の絵本を読んで、童心にかえってみませんか?

    いわさきちひろさんの描く可憐なおやゆびひめ、とっても可愛い〜!

    投稿日:2007/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 淡い色がステキ

    いわさきちひろさんの淡いやさしい色使いで、表紙からうっとりしてしまう作品です。
    親指姫は、一人のおばあさんの願いから誕生しました。
    しかし、あまりの綺麗さに、誘拐されカエルのお嫁さんにされそうになってしまいます。
    そこから親指姫の辛い大変な旅が始まってしまうのですが、
    時にはハラハラしたり…悲しくなったりするかもしれません。
    でも、最後にはよかったぁ〜と思う一冊です。
    ぜひ昔からのお話に触れて、良い話を伝えて言ってもらいたいです(=^♀^=)ノ

    投稿日:2007/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いわさきちひろさんの絵

    なじみの深いアンデルセンの物語をいわさきちひろさんの美しい絵で楽しめます。

    ファンでなくとも楽しめる一冊だと思います。

    私が出会った、もっとも魅力的なおやゆび姫です。

    投稿日:2006/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット