宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくのキュートナ」 その他の方の声

ぼくのキュートナ 作・絵:荒井 良二
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784062105675
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,830
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きゅーん(胸が)

    はいけい、ぼくのキュートナ

    私はキュートナになった気がしたのです。
    そしてこんなに優しいラヴレターを戴いて、
    すっかり荒井良二先生のファン。。。


    ユメゴゴチで読んだ後の余韻が
    ずーっとのこりついに購入してしまいました!!


    旦那様、奥様へのプレゼント。
    また愛しい人にはどんな記念日にでもオッケー
    いつも照れて好きを伝えれない人にも
    この本をラヴレター代わりでどうかな?

    要チェックですよぉ(●^o^●)

    投稿日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • きみもぼくもかわいい

    読んだ後に溢れそうな、でも良い意味での物足りない気持ちになりました。
    キュートナの不思議なところに笑ったり。
    僕の少しイジワルだけど優しいところに笑ったり。
    荒井良二さんの作品をもっと読んでみたいと思いました。
    大好きです。

    投稿日:2008/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恋って

    最初、小さい子向けの絵本として読んでいました。しかし読み進めるうちに、どんどんその深さに感心させられていきました。
    「人を愛することとは?」大人が読んで、改めて考えさせてくれる荒井さんからの贈り物だと思いました。
    1ページ1ページが心に訴えかけてくる、そんなパワーみなぎる絵本です。

    投稿日:2006/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / ノンタンぶらんこのせて / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 1
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット