新刊
ぐにゃぐにゃ わんわん

ぐにゃぐにゃ わんわん(偕成社)

0歳からのあかちゃん絵本!あかちゃんの耳が喜ぶ楽しいリズム

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

むらの英雄」 ママの声

むらの英雄 文:渡辺 茂男
絵:西村 繁男
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2013年04月12日
ISBN:9784916016973
評価スコア 4.68
評価ランキング 2,132
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • あほ

    久しぶりに息子に読み聞かせをしてみたら終わった後一言「あほ」でした。

    この本に関する感想で一番短い感想ではないでしょうか。

    二年連続して子ども会に関係する役員をしているので、点呼して全員の人数を数えるという場面によく出くわします。

    数えていくと「あれ?一人足りない」ということはよくあることで、そのたびにこのお話を思い返すようになりました。

    そんなときに「自分を数えた」という確認も常に入るのですが、さっきまでいたはずの人で誰がいない?となると、案外わからないことがあります。

    メンバー表で確認するという発想がない時代、こういったことはいかにもあったかのように思われます。

    小学4、5年生のクラスで読み聞かせをしてみました。どのクラスでも自分を数えないというところで、笑い声がおこるのですが、だんだんと話が進んでいくと、この話の渦中に巻き込まれていくのか、だんだんとシーンとなってくるのです。

    一人数えていないということがあらかじめわかっていても、大勢の中にいると雰囲気にのまれるというのか、体制に流されるというのか、集団でいる時には、個人で動くとはまた別の気もちが生まれます。

    私は息子のように「あほ」と言いきれるほど、端的にはこの話はとらえきれず、こういうことってあるかもなあ、あるだろうなあと思えるのでした。

    投稿日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    7
  • 読み聞かせに使えそう

    望まれて復刊した絵本だそうです。
    12人の男たちが、自分を数え忘れたために「11人しかいない」ということになり、いなくなったひとりのことをあれこれ想像して英雄に仕立てるというストーリー。ストーリーテリングで語っても楽しそうな昔話ですが、西村繁男さんの大らかでユニークな絵もおはなしにピッタリで楽しいです。
    きっと大勢への読み聞かせでも盛り上がるはずです。近く、小学校でのおはなし会で読んでみようと思います。

    投稿日:2013/09/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • 噂ができるまで

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    エチオピアの昔話だそうです。
    12人の男たちが自分を数え忘れたので、11人しかいないと騒ぎだします。
    揃いもそろって11人に数え間違えるところはご愛嬌として
    なくなった人の話にすりかわったり12人いるとわかったら勇敢な村人の話になったり・・
    噂話ができる工程を、視覚的に見ているようで面白かったです。
    人の心理をうまくついたストーリーですね。

    なるほどと思いつつ、最後にくすっと笑えるような一冊でした。
    今度、読み聞かせに使ってみたいです。子供はどんな反応をするか楽しみです。

    投稿日:2013/05/31

    参考になりました
    感謝
    3
  • おいおい…

    村の12人の男たちが、町での用事の帰りに、自分たちの人数を確認するお話でした。

    ところが、数えた本人が、なんと自分の数を数え忘れるのです。
    しかも、次に数えた人も!

    その勘違いの大暴走のまま、最後まで突っ切るのが面白かったです。

    この昔話のトンチンカンな感じ、いいですよね〜。
    おいおい…って感じで(笑)

    昔話って、現代ものとはまた違う趣があります!
    読んでみると意外とハマるので、ジャンルの幅を広げるのにもオススメですよ♪

    投稿日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • エチオピアの昔話ということで、結構ワクワクして開きました。
    なんとも とぼけた おはなしで 大爆笑でした。

    アディ・ニハァス村の12人の男が、マイ・エディガという町に、粉を挽いてもらうために出かけます。
    その帰り道、粉の袋を背負い、森を通りかかった時に皆いるか?と人数確認をしたところからお話は始まります。

    自分を数えなかった為、1番目から3番目までの男がそれぞれ数えてみると、11人しかいないと動揺し、3人目の男は道に迷ってヒョウにやられたに違いないと悲しみはじめ、4人目5人目と次々に悔いの言葉を吐き始めます。

    私は、6番目の男の一言に仰天!そして、しばし???
    7番目から、お話はますます膨らみ笑ってなかなか読めませんでした。

    泣きながら村に帰った12人のお話に、小さい女の子が、・・・・・・。

    この後の12人の男たちの言葉に、こみあげてくる 私の わらい わらい わらい!

    かくして英雄は生まれ、伝説となっていくのでしょうか。再び わらい!
    なんともおおらかでウイットとユーモアにあふれたお話でした。

    西村先生の版画のような絵がとてもお話に合っていて素敵でした。

    投稿日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • おめでたい村(笑)

    1年生の長女に読みました。絵が可愛いというわけではないので、初めはそんなに食いつきが良かったわけではなかったのですが、読んでいくともう夢中になっていました。なんといっても話が面白い!

    村に帰る男たち12人。一人の男が自分を入れずに人数を数えてしまったものだから、人数が一人足りない!長女は「えー!?」と終始驚きでした。最後に「ありえない!」と。小学校の読み聞かせにぴったりのお話だと思います。

    投稿日:2015/03/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい!!

    小4の娘に読んでみました。

    自分を含めず点呼すると
    「一人足りない!!」
    それをグループの全員(12人)が繰り返す珍事・・。
    もうこのネタだけで笑えます。

    村に帰ってきてほかの人に数えてもらうと12人いる!!
    そこで
    「まちがえちゃった(テヘペロ)」じゃなくて
    「12人目が戻ってきたぞー!!」となるところがまた笑えます。

    勘違いに気づくことなく
    幻の12人目は英雄となって、
    村に英雄伝説が!!

    娘はあきれながら
    「本当にこの伝説はあるのかな」と結構真顔。

    娘もすっかりハマッてしまったようです。

    投稿日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 中学生にもおススメです!

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    小学校への読み聞かせにしようと思いましたが、
    中3の息子に聞いてもらったところ、
    中学生のほうが面白がるかも!とのことでした。
    たしかに、このおとぼけぶりとのんきさが全部わかって
    心底面白いってわかるのは中学生からかもしれません。
    (もちろん小学生にも楽しい絵本です!)
    読み聞かせで約7分くらい。
    イラストも味があって、とっても素敵です。

    投稿日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人数が足りない!?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    エチオピアの昔話だそうですね。
    アディ・ニハァス(難しい発音ですね)の村の12人の男たちのおはなし。
    粉をひいてもらいに出かけた道中、仲間がそろっているか気になり、人数を数えてみますが、
    自分を数えなかったので、一人足りないのです。
    あと二人も数えてみますが、やっぱり自分を数え損ね・・・。
    すっかりパニックになった男たち、帰途の途中にいなくなった一人「あいつ」のことを想い、
    妄想してしまうのです。
    「あいつ」は、みんなの妄想ですっかり英雄になり、村に帰り着いても、
    その話は村人まで感動させるのです。
    もちろん、真相が明らかになりますが、単なる笑い話で終わらないのがすごいです。
    実にアフリカンな力強さを感じました。
    数の概念がわかる年齢から楽しめると思います。
    西村繁男さんの画風が最近のと違って意外で、でも、アフリカンにぴったりで気に入りました。

    投稿日:2014/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 英雄のでき方

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    言い伝えられている英雄って
    こんなふうに作られているのかもしれませんね。
    小学生の息子でさえ
    「自分自分!」と自分を数えないで一人足りないと騒いでいるのを
    大笑いしながら読んでいました。
    今でこそ数という考え方が
    理論化されて教育されているので
    あほだなと思ってしまいますが、
    はるか昔の数の概念が完成されていなかったころは
    こんなこともあったろうし、数を勉強し始めた子供達には
    結構共感できるお話だと思います。
    面白かったです

    投稿日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    1

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ちびゴリラのちびちび / だいじょうぶだいじょうぶ / くっついた / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット