ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

むらの英雄なかなかよいと思う みんなの声

むらの英雄 文:渡辺 茂男
絵:西村 繁男
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2013年04月12日
ISBN:9784916016973
評価スコア 4.68
評価ランキング 2,128
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大事なことに気付くのは子ども

    袋は12あるよ…?
    そう、周りに飲まれててんやわんやの大人ではなく、大事なことに気づくのはだいたい子どもですよね。笑

    4歳の子供に読み聞かせたのですが、面白さがちゃんと伝わっているかどうかはきわどい感じでした。架空の英雄の話で盛り上がるたびに「これ誰の話だろうねぇ〜?!」と問いかけてみてもいまいちピンと来ていない様子で、でもとりあえず謎の盛り上がりが面白かったらしく、笑いながら聞いていました。

    投稿日:2023/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英雄伝説

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    「誰かがいないぞ!」と言いながら、その誰かは特定しないでスルーしてしまい、憶測でヒョウの話が出たあとは、それぞれの妄想が止まらなくなり…。
    でも誰一人妄想だとは思ってないし、ましてやこの英雄伝説が捏造だとは気づいていませんね。
    結果オーライという感じです。
    落語みたいなお話だと思いました。

    投稿日:2023/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勘違い

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    4歳児はこの話の面白さがまだわからず、
    7歳児は面白かったようで笑っていました。

    でも、案外こういう勘違いってあるんですよね。

    それにしても、妄想がどんどん膨らみ、
    少女が指摘しても、
    考え直すこともなく、
    妄想のまま伝説になっていくのですから、
    思い込みや集団心理って怖いですね。

    投稿日:2019/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 集団の心理

    12人いるはずなのに、だれもが11人しかいないと勘違いし、「ヒョウと勇敢に戦って死んだ」と嘆き悲しんでいたら、実は12人いました!という滑稽なお話でした。でも、村に帰り着いた後も、自分たちの間違いに気づかない様子は・・・集団の心理というか、思い込みって怖いですね。

    投稿日:2017/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低学年だと覚えたての「何番と何番目の違い」を
    思い出して。高学年にならあ〜なるほど。そういえば
    さんすうでやったような?とさんすうの基礎を思い出して
    クスリと笑う物語です。

    よくできたお話です。
    そして生まれた村の英雄!

    小学生ならあ〜っと声をあげそう、読み聞かせに使えそうな
    話です。高学年でも、よ〜く聞かないと
    わからないお話です。なんて意味深なことを導入で
    言ってみたら注意深く聞いてくれるかもしれません。

    さんすうの基礎の基礎で習う、何番と何番目。
    なつかしいと私は思いました。

    投稿日:2017/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かしこいのは誰?

    案外伝説なんてこんな風にして生まれるものなのかも、、、
    そんなことないですね。
    12人もいてこれじゃあ。
    12人の男たちが、それぞれに、立派な感想を述べるのも
    面白かったです。
    子供が確かな目を持っているのも本当ですね。

    投稿日:2016/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • とぼけた人たち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    なんど数えても誰が数えても12人いるはずが11にんしかいない!
    どうしたどうした、となる人たちが愉快でした。なぜって自分を数に数えていないのですから。
    とぼけた人たちだけど本人たちは大真面目。
    そうしてお話は動いていき…。
    みんな幸せな人たちですね(笑)。
    でも集団だとそれが真実になる、数の力というものはそこかしこで感じる時がありますね。

    投稿日:2014/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • これで、良かったのかも!

    異国を感じる、なんとも雰囲気のあるイラストです。


    旅の帰り道、12人の男たちが
    誰か1人がいなくなったと ざわめき出す。

    その理由は・・・。

    そ、そんな!
    誰か気づいてよ〜!!

    途中でもう一度タイトルを確認して
    これが、どうして英雄の話に?
    と思ったら・・・

    そういう結末なのですね!

    ふふふ。
    でも、英雄がいると思ってお祭り騒ぎ出来たし、
    みんな幸せそうだったし、良かったのかも!

    後になって、誰かが真実に気がつかないことを祈ります!

    投稿日:2013/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / ちびゴリラのちびちび / だいじょうぶだいじょうぶ / くっついた / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

全ページためしよみ
年齢別絵本セット