がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

ジオジオのかんむりなかなかよいと思う みんなの声

ジオジオのかんむり 作:岸田 衿子
絵:中谷 千代子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1978年04月
ISBN:9784834007145
評価スコア 4.76
評価ランキング 619
みんなの声 総数 97
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色使いが優しい

    ずっと気になっていて、やっと図書館で見つけました。第一印象は、可愛らしい絵本≠ナす。優しい色使いに癒されます。特に、小鳥が薄ピンクで描かれていて、なんとも可愛い!主人公のジオジオの優しさも伝わってきて、ぜひ子供に読んであげたいと思いました。

    投稿日:2016/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいなあ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    お勧めされていたので読んでみました。

    久々にいいなあと思えるお話でした。

    最初、鳥を仲間にして、
    そこから他の動物も仲間になっていくんじゃないかと
    思って読んでいましたが、
    見事に気持ちよく予想を崩され、
    静かに穏やかに終わる話に感動しました。

    3歳の息子はただライオンと鳥に反応していただけですが、
    今後も何度も読み、何かしら心に残ってもらえたらと思います。

    投稿日:2016/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいおうさま

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    動物たちのおうさま、ライオンのジオジオ。
    とりのたまごをねらうものたちから見事に守ります。
    力があって、こわがる動物たちもいるようですが、とてもやさしいおうさまだなと思いました。
    こんなおうさま、すてきです。おうさまにふさわしいなと思いました。

    投稿日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学2年生の息子のクラスが近接する幼稚園に絵本の読み聞かせに行くことになり、この絵本を持って帰ってきました。そして、毎日、練習の為に音読しています。

    息子曰く、この話は「もう自分は駄目なんだと思っていたライオンが、小鳥に卵を自分の冠の上に産ませてあげて、まだ自分にも出来ることがあるんだと思った話」で、「別に面白い話ではないけれどよい話だ」とのこと。

    「よいって言ったって意味は広いんだから、よい話ってどういう意味?」と聞くと、「よかったねと思う話」とのこと。

    実は、この話、去年、息子のクラスの読み聞かせで一人のママが読んでくれたんです。どうやら息子はそのことを忘れているようでした。ちょうど私もその場に居合わせていて、正直なところ、一度読んだだけでは、なんだかパンチがない話だなと思ったのが第一印象でした。

    でも何度も何度も聞いて、実際に自分が絵本を広げて読んでみると、段々とこの絵本の魅力が伝わってきたような気がします。寂しさや悲しさを分かち合うこと、静かだけれどジーンときます。“しっとりした話”というのが私がいきついた、この話を説明する言葉です。是非、最初は何とも思わなくても、何度も何度も読んでみてください。きっと魅力が分ってくると思いますよ。

    投稿日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強さと優しさということ

    • オナミーさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子0歳

     3歳の娘に読み聞かせをしました。

     それなりにストーリーは理解していたようですが、この絵本の本質的な部分に触れられたのかどうかは疑問でした。

     強い、ということ。
     そして、優しい、ということ。

     本当に優しいというのは、どういうことなのか?

     小学生になっても読んであげたいような絵本です。

     願わくば、二人の子供たちには『強くて孤独』な人間になるより、『強さを優しさに変えていける』ような人間になってほしい・・・と思います。

    投稿日:2008/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間も年をとると人柄が円くなり、落ち着くように、このライオンの王様も荒々しさより広い心を持つようになった、年を重ねたからこそ出来る言動、それが伝わってきます。絵からもどっしりとした気持ちの厚みが感じられて、この絵本はゆっくりどっしりと読み聞かせしたいものです。初めて読んであげた時の子供の反応は表情かえず真剣だったので、今度はゆっくり読み伝えるようにしたいな〜と思っています。少しお兄さん、お姉さんにもおすすめです。

    投稿日:2006/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年老いることと新しい命

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    年老いて独りぼっちになったライオン、ジオジオ。
    彼は、巣作りの場所に困っている小鳥に自らのかんむりを提供するのです。
    王の権威なんてしょせんさびしさには替えられない。
    その権威の象徴でもあるかんむりを提供することで
    ジオジオは新しい命という温かいものを手に入れるのです。
    静かに流れるストーリーは味わい深いです。

    投稿日:2005/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見かけじゃ分からないこと。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    小さい頃に読んだことがありました。第1版の発売日を見たら、なんと1960年でした!
    長い間子供達に親しまれてきた作品なんですねー。
    中谷千代子さんのイラストが、ものすごくお話のイメージにあっていました。
    ライオンのジオジオは百獣の王として、みんなに遠巻きにされていたけれど、本当はもっとみんなの輪に入って、仲良くしたかったんですね。
    この絵本ではあえてモデルにライオンを使っていますが、こんな風にイメージが専攻して遠巻きにされてしまうとか、してしまうことって、子供達の間にも良くあることですよね?
    この絵本を読んで、人は見かけじゃないんだっってことが、なんとなく伝わってくれればいいなぁと思いました。

    投稿日:2004/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王様はやっぱり王様

    • スヌさん
    • 40代
    • ママ
    • 山形県
    • 男の子18歳、男の子15歳、男の子12歳、男の子8歳

    どんなにか『力』を持っていても必ず老いは来る。その時を迎えた時、あなたはどんな風に過せますか。この本は、大人の私たちにそう問いかけているようです。では、子どもはどうでしょう。百獣の王といわれるライオンのやさしい一面に触れるのかな。それぞれの立場と役割が展開されていく。一見地味な本のようですが、読み終わった後のなんともいえない「ほわぁ」っとした気持ちを味わえます。先日一番下の子に読んでもらいました。一生懸命に読んでる姿にいとおしさを感じました。

    投稿日:2004/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 老いた百獣の王ジオジオ。でもジオジオを怖がって、どんな動物も近寄りません。そんな一人ぼっちのジオジオに話しかけたはいいろのとり。卵をなくしてしまってつまらないはいいろのとりと、一人ぼっちでつまらないジオジオの2人は協力して卵を一緒に育てます。
    ジオジオのかんむりを上からのぞくページが私のお気に入り。卵からかえったひながかんむりの中で育っている様子を垣間見ることができます。やがて大きくなったひなたちが、ジオジオの鬣をつまんで遊んでいるラストのページがとても暖かい印象を受けます。
    老いて、ジオジオは目があまり見えなくなっていたけれど、ことりの声を聞きながら何を考えていたのでしょうか。、自分の人生を穏やかに、感慨深く思い返していたのでしょうか。
    昔はどうであれ、ジオジオはきっと今は幸せに違いありません。最後のページのジオジオの表情がなんともいえない優しい顔をしているから・・・。一見地味な印象の絵本ですが、読み終わった後、優しい気持ちになることができる1冊です。

    投稿日:2003/08/06

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット