あざみ姫」 ママの声

あざみ姫 作:ヴィヴィアン・フレンチ
絵:エリザベス・ハーバー
訳:中川 千尋
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年
ISBN:9784198611507
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,277
みんなの声 総数 8
「あざみ姫」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子育てのあり方を考えさせられました。

    美しい色調の絵に惹かれて買いました。子どもを守ることばかり考えて、干渉や制限ばかりすると、子どもにとってはよくないということがメッセージとして伝わってくる本です。友だちはこの絵本を読んでから、子どもに干渉しすぎていると感じる時は「あざみ姫」とつぶやいて自分を戒めるそうです。

    投稿日:2007/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 幸せはすぐそこに。

    中川千尋さん訳のなかから選んで読みました。

    満たされない気持ちで過ごしている王さまとお后さま、娘もここで、「子どもがいないからとちがう?」と感づいたとおり、お二人とも子どもがいればと願っていたのでした。

    庭師の末のむすこがお城の庭で遊んでいる様子に、王さまもお后さまもお幸せそう。お庭に子どもたちの遊ぶ姿があれば、お二人はお幸せなのでした。

    それを見ていたあざみ(柳やゆり、ばら、けし、ひなぎく等のやりとりを聞いていると、あざみは格下なんですね、、そのあざみが姫になります!)は、王さまとお后さまの寂しさを何とかしてあげたい、と行動にでます。

    自分のことは、周りの人のほうがよく見えているのかもしれません。あざみ姫は、赤ん坊に姿を変えて王さまとお后さまの前に現れお二人を喜ばせます。そして、庭で子どもたちと遊ぶ姿で、王さまとお后さまをお幸せにしたいと願います。でも、お二人はなかなかそのことに気づかず、あざみ姫を無菌状態で育てようと、庭から子どもたちを閉め出してしまいます。

    お二人がようやくその愚かしさに気づいて、子どもたちをお庭に迎え入れたときに、あざみ姫は「ようやく・・」という言葉を残して、空に吸い込まれていきます。あざみのことを見下していた柳の、もうこんなことはしたくない、という最後のシーンも切ないです。

    5歳の娘は最後にあざみ姫が消えてしまったのが何故なのか、気になって仕方がなかったようでしたが、自分なりの答えを見つけてほしいので、「分かりたかったら、何度も何度も読みなさい」と答えておきました。

    投稿日:2016/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵

    絵がとても美しく、絵画を見ているかのようでした。
    内容は、途中まで、この絵本は、悲しい結末を
    迎えてしまうのではないかと、どきどきしながら
    読んだのですが、明るく元気にハッピーエンド!!
    というわけではありませんでしたが、でも、心に
    響く終わり方でした。
    日本の昔話のように、教訓のようなものが折りこま
    れていて、静かに深く読むことのできる絵本です。
    大人の方にもぜひおすすめです!

    投稿日:2012/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人に向けて

    子供のいない王様達。お城の庭でかわいらしい赤ちゃんを見つけて、自分達の姫として大切に育てます。でも、大切にするあまり、姫の遊び友達まで遠ざけてしまい・・・


    とにかく絵がきれいです。
    眺めているだけでも、全てのページがすてきな絵本です。

    文章は長く、漢字もたくさん使われているので、ある程度上の年齢の子供からといった雰囲気です。

    親ならば、みんな子供が大切でしょう。
    王様とおきさき様の気持ちは良くわかりました。

    その気持ちから、友達を遠ざけ、囲うように育ててしまいますが、親として、気をつけなければならないと気づかされました。

    内容として、パパ&ママ向けかと思います。

    投稿日:2011/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育てを見つめなおすきっかけに

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    子供を待ち望むおうさまとおきさきさまのところにやってきた、かわいい赤ちゃん。
    それは庭の草や花や木からのプレゼントでした。

    この赤ちゃんのあざみ姫を、これでもかと過保護に扱うおうさまたち。
    自分たちの子育てを見つめなおすいいきっかけになると思います。
    過保護すぎても問題だし、放任しすぎていても問題だし、それぞれが子供を見つめながら考えることが大切ですよね。
    おうさまたちのように勘違いして、子供の思いすら聞けなくならないように。

    優しいタッチの絵が、とても心落ち着く絵本です。

    投稿日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なくも爽やか

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    むかしむかし、と昔話の形で物語が始まります。
    確かにちょっと童話にありそうなお話。
    切なく、しかし読後感は不思議に爽やかです。

    やわらかい色の細かいイラストで進んでいくので、文章は少し多めですが、
    ゆっくりながめながら読み進めていけると思います。

    今の心配事が多いご時世、つい子どもを守ろうと過保護・過干渉に
    なってしまいますが、それだけでは子どもは育たないことを
    思い出させてくれる、どちらかというと、大人がハッとする絵本では
    ないでしょうか。

    投稿日:2008/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おばけのバーバパパ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット