宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あまがえる自信を持っておすすめしたい みんなの声

あまがえる 作:吉崎正巳
監修:川村 智治郎
出版社:福音館書店
本体価格:\0+税
発行日:1988年
評価スコア 4
評価ランキング 26,505
みんなの声 総数 1
「あまがえる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アマガエルのいろんなポーズが見られる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    『かがくのとも』1988年6月号です。
    裏表紙には大まかな“かえる”の一生が、わかりやすく描かれています。
    監修は川村智治郎さんです。この方は大学教授で、両性爬虫類学会外国人名誉会員だそうです。

    この絵本の中にはアマガエルのいろんなポーズがたくさん載っていました。
    吉崎さんがめちゃくちゃ観察してカエルを描かれたんだということがよくわかります。
    でも、カエルのお食事中の姿はあまり丁寧に書かれなくてもよかったな〜。じっくり見るにはやはりちょっと…。
    生き物が好きなお子さんたちには楽しい作品だと思います。

    投稿日:2013/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット