アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ロシア民話 うさぎのいえ」 みんなの声

ロシア民話  うさぎのいえ 絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
監訳:牧野原 羊子
出版社:カランダーシ出版
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年05月25日
ISBN:9784990703202
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,479
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 同じロシア昔話で、同一タイトルの「うさぎのいえ」(内田莉莎子再話 )を先に読んだのですが、話の違いに驚いてしまいました。
    きっと元々は同じ話だったとも思えるので、伝承によって様変わりする事例なのでしょうか。
    きつねに家を取られてしまったうさぎさんを、犬やおおかみやくまが取り返そうとするのですが、きつねの言葉に退散してしまいます。
    どう考えてもきつねよりも強い動物が、言葉だけで腰が引けてしまうのが不思議です。
    最後のおんどりにいたっては、武器を持ってきつねを退治するのが意外でした。
    絵が擬人化されているので、もっと深い意味合いがあるのでしょうか。

    投稿日:2019/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラチョフの絵がおしゃれ

    ちいさな一人出版社から5月に出た絵本です。

    『てぶくろ』で有名なラチョフによる、動物を主人公にした昔話です。ほんとうに美しい色彩、そしてユーモラスな動物たちの動き。

    きつねに騙されて家をとられてしまったうさぎを助けようと、次々動物たちが現れるのですが・・・

    福音館書店から丸木俊さんの絵で出版されていましたが、そちらは絶版に。だからこそ、ラチョフ自身が描いたこの絵本を子どもたちに手渡してほしいと思いました。

    投稿日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずるいきつねに家をのっとられてしまった
    かわいそうなうさぎを助けようと
    いろいろな動物が助けの手をさしのべますが
    なかなかうまくいかず、でも最後に……?

    ストーリー自体も、使われている言葉も
    リズム感があるので、読み聞かせに最適だと思います。
    「てぶくろ」のラチョフが描いた絵も
    味があって、楽しいです。

    友人が小さい息子に読み聞かせたそうですが
    たいへん喜んだと云っていました。

    投稿日:2013/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / もこ もこもこ / ひとりぼっちの ちいさなエルフ / うんこ! / わいわいきのこのおいわいかい きのこ解説つき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット